鶯谷(うぐいすだに)の地名の由来

ウグイスの写真

ウグイスの写真

ウグイスのオスは、「ホーホケキョ」ととても美しい声で鳴きますが、毎年春になると、鳴き方の練習をしています。

ウグイスのオスが美しい声で鳴くのは、繁殖期になって、メスへのアピールをするためと言われています。そして、寒くなって繁殖期が過ぎると、喉の筋肉が上手く働かなくなって、地鳴きと呼ばれる「チャ、チャ、チャ」のような声を出して鳴くようになります。なお、「チャ、チャ、チャ」という声は、メスのウグイスも鳴くことができるので、普段のウグイスの鳴き方なのでしょう。

そのため、春先には親鳥から鳴き方を教えてもらう子供のウグイスだけでなく、繁殖期に備えて発生練習をするウグイスの声なども聞こえてきます。

ウグイスの美しい鳴き声は、昔から人々の関心事で、江戸時代には鳴き声を競わせることも行われていました。

そんな時代に京都から上野に赴任(ふにん)してきた住職が、京都のウグイスに比べて、江戸のウグイスの声に不満をもったため、京都から美声のウグイスを運ばせて放鳥したそうです。

これが後になって、ウグイスが集まる谷として有名になったことから「鶯谷(うぐいすだに)」の地名の由来と言われています。

京都のウグイスを江戸に放鳥させた住職とは?

その住職によると、京都のウグイスの声に比べて、江戸(赴任先)のウグイスの声は「濁っている」という不満がありました。

京都から住職がやってきたのは、江戸の上野・根津・根岸を領地とする「東叡山寛永寺(とうえいざんかんえいじ)」ですが、このお寺は、京都から皇族が来て住職位に就く習わしがあったため、やってきたのでしょう。

この時、京都から3,500羽ものウグイスを取り寄せて「根岸の里」に放した住職は、江戸の元禄時代に住職の地位にあった「公弁法親王(こうべんほっしんのう)」という人でした。

ウグイスの鳴き声は地域で違うのか?

私は特定地域のウグイスしか知らないため、ここから先は推定になりますが、次の内容をヒントにしてウグイスの鳴き声は、地域によって違うのかを考えてみました。

  • ウグイスの子供は親鳥からの指導を受けて鳴き方を学習する。(指導者の力量で違う可能性有)
  • 冬は、地鳴きをしていて、春になってから繁殖期用の鳴き方を練習する。(毎年微妙な違いの可能性有)
  • 鳴き方は、親鳥や付近のウグイスの影響を受ける。(地域差で違う可能性有)
  • 放鳥した住職の不満は、ウグイスの声が濁っているということでした。(ホーホケキョという鳴き方は問題にしていない)

これらのことを総合的に考えると、ウグイスの鳴き方は、江戸時代の昔から「ホーホケキョ」というもので変わっていませんでした。ただし、音色などの微妙なところは、指導者や周囲のウグイスによって影響されそうです。

そのため、ウグイスの鳴き声は「地域で違う」と考えた方がよいでしょう。