ハチの腰のくびれは怖いイメージ

スズメバチの写真

スズメバチの写真

ハチは腰のくびれが極端に細いというイメージがあります。ただし、考えてみると、ミツバチのようなずんぐりむっくりしたハチもいて、姿形からハチの印象も違います。

ミツバチのようにずんぐりむっくりした体型のハチは、足に花粉団子を付けていて、暖かい日だまりのような印象です。そのため、そんなハチを見ても刺されるというような怖さはありません。

これに対して、ウエストがくびれているハチを見ると、気を付けないと刺されるかもしれないと身構えてしまいます。

何故、ウエストが細いハチは怖く感じてしまうのでしょうか? 今回は、ハチのウエストのくびれについて調べてみました。

腰の構造とくびれが出来た理由は?

ハチ目の学問的な分類では、広腰亜目(こうようあもく)と、細腰亜目(さいようあもく)に分かれていました。広腰亜目は「ハバチ亜目」で、細腰亜目は「ハチ亜目」になります。

腰がくびれている「ハチ亜目」のくびれは、胸部と腹部の分かれ目だと思っていましたが、そうではなくて、腹部の第1筋と第2筋の間のくびれでした。実は、第1筋は胸部と融合してしまったようです。

そのため、学問的に分類した書籍などによると、胸部とつながってしまった腹部の第1筋は「前伸腹筋」、第2筋以下の部分を「膨腹部」で、胸部と「前伸腹筋」の部分は「中体」と呼ばれていました。

では、「ハチ亜目」のくびれは、何故できたのでしょうか?

ハチのくびれができた理由

子供の頃は、怖いもの知らずで、アシナガバチなどの翅(はね)を素手持つことも平気でできました。アシナガバチは比較的おとなしいハチですが腰はくびれています。

アシナガバチには何度も刺されたことがあったためしっかり記憶していますが、翅を指でつまむと、アシナガバチは、くびれた腰を曲げて、お尻の先端にある針で指を刺そうとします。

調べたところ、ハチの腰のくびれは、まさにこのためでした。敵に対して、お尻の先端にある毒針を自由自在に刺せるようにするため、極端なくびれ部分で曲げることができるようにしていたのです。

くびれがあるハチを見ると怖いという印象を持ったのは、くびれで体を自由に曲げて、敵に毒針を刺すことができる構造だったからでしょう。しかし、ハチの腰のくびれはあまりにも極端に細くて、食べ物を通すことができるのか心配になる程です。

流動食しか食べられないハチ

調べたところ、スズメバチは肉食の大型のハチですが、腰がくびれているため、固形物は食べることができないそうです。

スズメバチは肉食で獰猛(どうもう)なハチですが、捕らえた獲物の肉は肉団子にして巣の幼虫に与えます。すると、幼虫は、与えられた肉団子を食べてアミノ酸液を作り出し、口から出して、親バチに与えていました。

まとめ

ハチの腰のくびれは、お尻の毒針で敵を刺すため、腰を自由に曲げるためでした。それにしても、腰のくびれを獲得するために、流動食しか食べることができないとは驚きです。

しかも、スズメバチは、流動食を幼虫から口移しでもらっていました。これ程、親バチと幼虫の依存度が高い生き物だとは知りませんでした。

スズメバチは、幼虫がいなくなったら栄養が摂れないため、生きていけません。これで、人がスズメバチの巣の近くに行くと襲われるという理由も理解できました。敵に襲われて巣がなくなれば、食べることさえできなくなるため、スズメバチも必死だったのです。