遠方まで渡りをする疑問

ハクチョウの写真

ハクチョウの写真


ハクチョウは、秋になると極寒のシベリアなどから日本などの温暖な地域に渡ってきて冬を過ごします。そして冬が終わると数千キロメートルも離れた故郷に戻っていきます。

私だったらいっそのこと渡りなどは止めて、温暖な地域で一生過ごそうと考えてしまいそうですが、何故、ハクチョウのような渡り鳥は、毎年渡りをするのでしょうか?

渡り鳥の分類

ハクチョウは渡り鳥ですが、渡り鳥というのは、渡りを行う鳥類の総称のことで、「漂鳥(ひょうちょう)」、「旅鳥(たびどり)」、「夏鳥」、「冬鳥」などに分けられています。次に、それらを紹介します。

『漂鳥(ひょうちょう)』
夏は、高山地域や北日本などの寒い地域で繁殖をして、冬になると里山や南日本に移動して越冬をする鳥のことです。(日本国内を季節移動する鳥のことです)

漂鳥には、ウグイス、ヒヨドリ、ホオジロなどがいます。

『旅鳥(たびどり)』
シベリアなどで繁殖して、冬には、東南アジアやオーストラリアなどで過ごしますが、越冬地に向かう途中や繁殖地に帰る途中で休息するために日本に立ち寄る鳥のことを旅鳥と呼んでいます。

旅鳥には、ヤマショウビン、ハイイロミズナギドリなどがいます。

『留鳥(りゅうちょう)』
留鳥は、スズメやカラスのように渡りをしないで、1年中だいたい同じ場所で過ごす鳥のことです。

『夏鳥』
ツバメのように春になると日本にやってきて、夏頃に繁殖し、寒くなると東南アジアなどの暖かい地域で過ごす鳥を、夏鳥と呼んでいます。

『冬鳥』
秋に日本に渡ってきて、越冬をした後、春になると、シベリアなどに戻って繁殖をする鳥のことを冬鳥と呼んでいます。

ハクチョウ、ツル、カモなどは、冬鳥です。

鳥が渡りをする理由

鳥の渡りの主な理由は、食料の確保だと言われています。

川魚や雑食性の鳥は、冬になっても食べ物を獲ることができるため、棲(す)んでいる場所を移動しなくても生きていけますが、木の実や虫などを食べている鳥は、寒い冬になると食べ物を見つけることが難しくなります。そのため、暖かい南の地域に渡ります。

ハクチョウが渡りをする理由

ハクチョウが過ごすシベリアなどでは、夏になるとさまざまな生物が爆発的に発生することから、ハクチョウにとっては十分な食料のもとで卵を産んで子育てをすることができます。

また、シベリアの厳しい環境は、ハクチョウを脅かす外敵も少ない地域です。

そのため、春から夏にかけては、ハクチョウにとっては、シベリアで暮らすことがベストな選択になりますが、9月頃になると全てを氷で埋め尽くされてしまうため、数千キロメートルも飛行して、越冬することのできる日本などにやってきます。

これが、ハクチョウが渡りをする理由でしょう。

まとめ

ハクチョウが毎年、数千キロメートルも離れた地域を飛んで渡りをしなければならない理由は、次のようなことなのでしょう。

  • シベリアの夏は、十分な食べ物があって外敵も少ないため、子育てに適している。
  • シベリアの冬は、氷に閉ざされるため、温暖な日本などで越冬しなければならない。

大きな体をしたハクチョウたちにとっては、温暖な日本などの地域は、人による開発が進んだために、子育てをするための、十分な食料や、安心して育てられる広大な土地などが不足しているのでしょう。