野趣たっぷりのフジバカマ

フジバカマの写真

フジバカマの写真


フジバカマは、古い時代から人々の心を捉えて和ませてきました。

私は、そんな、フジバカマの自然な姿をテレビ映像でちらっと見ただけですが、無性に知りたくなりました。

フジバカマとは?

フジバカマは、キク科の多年生植物で「秋の七草」の一つに数えられています。中国から入ってきた植物と言われていますが、本州から九州まで分布していて、万葉の時代から日本人に親しまれていたそうです。

フジバカマは、茎の先に小さな花を付けて束ねたように咲く頭状花です。川原の湿った草原などで、群生します。ただし日本では、自生環境が減って準絶滅危惧種に指定されています。

大きさは、草丈(60〜120㎝)で、花は夏の終わり頃から秋の初め頃まで見ることが出来ます。

花色は、もやっとした白や薄紫のような淡い色合いが多くて、自然と調和した庭には似合います。

フジバカマの香り

フジバカマは生育している時には匂いませんが、乾燥させると、葉っぱや茎内にある芳香成分の「クマリン配合体」が変化して桜の葉の香り(桜餅の葉の匂い)を漂わせてくれます。

中国では、フジバカマのことを、芳香を意味する「蘭(らん)」を使って「蘭草(らんそう)」や、「香水蘭」と呼称し、アロマセラピーや「匂い袋」として活用しています。

フジバカマの魅力

フジバカマに惹かれるのは私だけではありません。そんなフジバカマには次のようなさまざまな魅力があります。

  • 線香花火を連想させる淡い色の花。
  • 野趣に溢れたフジバカマの群生。
  • 枯れると桜の葉の香りで癒しの効果。
  • 古い文学に登場してロマンの世界を連想。
  • 数千kmも渡りをする蝶(アサギマダラ)と花との共演。

まとめ

テレビの天気予報か何かで、ちらっと見ただけですが、群生している「フジバカマ」の魅力に惹きつけられてしまいました。

フジバカマを一目見ただけで、何故か、ロマンを感じてしまいました。そんなフジバカマは、日本の最古の和歌集とも言われている「万葉集」に登場して、与謝野晶子が物語の面白さを読者に伝えています。

また、紀貫之は、古今和歌集の中で、フジバカマの香りに忘れられない人の思慕を託した歌を詠んでいます。さらに源氏物語にも登場して、求愛の時にフジバカマを使う様子なども記載されています。このような事例をみると、古い時代から日本人の心を揺さぶっていたことが良く判ります。

私は、フジバカマの本当の魅力を理解していないのかもしれません。来年は群生地域を訪れて、フジバカマを堪能(たんのう)しようと思います。