コウノトリの野生復帰への取り組み

コウノトリの写真

コウノトリの写真

かつては、コウノトリも日本の水辺や里山などで生息していて人々の暮らしとともに生きて来ました。

 

しかし、明治時代には水田を荒らす害鳥として駆除の対象になったことや、その後の開発のために自然環境の破壊が進んで、1971年には絶滅してしまったそうです。

現在では、日本の特別天然記念物の指定をされている鳥ですが、世界的な絶滅も危惧(きぐ)されています。

そんな、コウノトリですが、兵庫県豊岡市が行っているコウノトリを野生に復帰させる取り組みでは、有機物を活用することで農薬を減らす「コウノトリで育む農法」が功を奏しています。

また、埼玉県鴻巣市(こうのすし)でも、「コウノトリの舞う魅力的な地域づくりに向けて」と題して、コウノトリの野生復帰に向けた活動を始めています。

コウノトリとは?

コウノトリは、ツルに似た鳥で、全長は1メートル、翼を広げると、2メートルにもなる大型の鳥です。くちばし、脚、頸(くび)が長くて、一見するとツルと似ていますが、学問的な分類では、サギやトキに近い鳥です。

コウノトリは、肉食の鳥で、ヘビ・カエル・ザリガニ・魚・昆虫、など適度なサイズの生物なら、何でも食べてしまいます。

コウノトリの特徴

コウノトリは、発声器官が未発達のため、鳴くことはできませんが、上下のくちばしを叩くようにしてカタカタと音を出します。この方法で、敵への威嚇(いかく)や、子供への愛情表現ができるようです。

コウノトリは、高い木や電柱の上などに、樹木の枝などを集めて、直径2メートル程の頑丈な巣を作ります。日本ではアカマツの大木が利用されていました。

コウノトリは、一般的にはオスの方がメスよりも大きいですが、雌雄の区別は、難しいと言われています。そのため、コウノトリの野生復帰の施設である「兵庫県立コウノトリの郷公園」では、繁殖活動に役立つようにDNA検査で判別しているほどです。

コウノトリは何故お米作りに貢献するの?

兵庫県立コウノトリの郷公園は、田んぼのイトミミズやオタマジャクシ、メダカ、ヤゴなどの生物が生息できるような環境作りに取り組んでいます。このような環境を作ると、昆虫や魚などが田んぼで生育して、1年中コウノトリのエサが確保できるようになるからです。

このような取組を「コウノトリ育む農法」と呼んでいますが、「コウノトリ育む農法」でお米の収穫量は増えません。それどころか2割も減ってしまうそうです。しかし、この農法は、農薬を減らす農法です。そのため、豊かな自然が復活してくれます。

「コウノトリ育む農法」を行うと、収穫量は減少してしまいますが、美味しいお米が収穫出来て、高い値段で取引されます。その結果、「コウノトリ育む農法」による栽培面積は増えてきたそうです。

まとめ

コウノトリは、外国にいる鳥と思っていましたが、昔は、どこでも見ることの出来たそうです。

コウノトリは、明治時代には水田を荒らす害鳥として駆除の対象になったことや開発のために自然環境の破壊が進んで、1971年に絶滅しました。最後の1羽は、兵庫県の豊岡市で生息していたものです。

その後、兵庫県の豊岡市では、コウノトリの復活に取り組み、1989年には、旧ソ連から贈られたペアのコウノトリの繁殖に成功して、2005年には念願の放鳥を開始するまでになりました。

同市は、コウノトリの野生復帰を目指す研究機関として、1999年にコウノトリの郷公園を作って「コウノトリ育む農法」に取組んでいます。

このような取り組みのおかげで、日本でも野外のコウノトリは、100羽ほどになりました。

私は、まだ自然のコウノトリを見たことがありませんが、世界的にも少なくなってきたコウノトリが、自然を復活させた日本で、普通に生息するようになったら最高だと考えています。

そんな光景が訪れることを願っています。