仲の良いツルの家族

ナベヅルの写真

ナベヅルの写真


ツルの家族は、2羽から4羽と決まっているようです。その理由は、夫婦2羽の間に生まれる雛(ひな)は1〜2羽で、その後1年間は家族で過ごすためです。

ツルの夫婦も一度ツガイになると、死別などの特別なことが無い限り、いっしょに一生を過ごすと言われています。普通の鳥と比べると、随分家族愛が強いようです。そんなツルの生涯を、ナベヅルで調べてみました。

ナベヅルとは?

ナベヅルは全長1メートル弱程の比較的小さなツルで、名前の由来は羽衣の色が、なべ底の煤(すす)のような色をしているためです。

ナベヅルは、中国東北部、ロシア東南部、そしてモンゴル北西部などで繁殖をして、冬になると越冬のため、中国の長江(ちょうこう)下流地域や朝鮮半島南部などに南下しますが、全体の9割は鹿児島県の出水市で冬を過ごします。

20世紀初め頃までのナベヅルは、日本の各地で越冬していましたが、現在は、鹿児島の出水に集中しています。

理由は、湿地の開発が進んで生息に適した場所が減少したことと、出水の居心地が良いからでしょう。出水では、地域ぐるみでツル類の保護活動をしています。

ナベヅルの食べ物

ナベヅルは、植物の根や、カエルなどの両生類、昆虫などを好んで食べる雑食の食性です。

渡来地の出水では、モミ、麦、草の実や、ドジョウ・タニシなどを食べていますが、小麦やイワシなども給餌(きゅうじ)されています。

ナベヅルの繁殖

繁殖地は、シベリア南東部のバイカル湖付近や、モンゴル北西部などの針葉樹林内にある湿原に巣を作って、5月に1〜2個の卵を産みます。抱卵期間(27日〜30日)は、夫婦で交代しながら卵を温めます。

卵から出て来た雛(ひな)は、直ぐに親とともに餌(えさ)を探すことができます。親鳥は、常に子鶴と共に行動して食べ物の見つけ方や獲り方、水浴びの方法、眠り方、飛び方などの、生きるための手法の全てをしっかり教え込みます。

そして、10月頃には、子供のツルも親と同じ大きさに成長して、親鳥とともに2,000kmにも及ぶ渡りをします。

11月頃、越冬地に飛来した家族は、一緒に行動して冬を乗り越え、3月ごろに故郷に飛んでいきます。

4月の初旬に故郷(繁殖地)に着くと、親鳥は次の子づくりの準備を始めます。その頃になると、子供のツルは、親から離れて、同世代の集団を作って行動するようになります。

このように、ツルは1年近くの間、全てを子供の教育に費やします。しかも、子供のツルへの気遣いは徹底していて、空を飛ぶ時や、歩いている時、休憩する時も、子ツルを両親の間に入れて守っています。

常に家族で行動する理由は?

数ヶ月前に生まれた若鳥(子鶴)も、シベリア方面から、遠く離れた日本などに飛んでいかなければなりません。そのため、両親から愛情に満ちた指導を受けて、サポートされながら飛行しなければ、2,000kmもの移動はできないでしょう。

このような事情のため、家族は常に一緒に行動して、1年間に及ぶ教育をするのでしょう。

また、ツルの夫婦が同じペアで生涯を過ごすのは、1〜2羽と数の少ない雛の子育てに失敗しないように、理解しあったもの同士の方が成功する確率が高いからだと言われています。

まとめ

ツルの家族は常に一緒に行動して、生まれた子鶴が独り立ちをする1年間もの間、子育てに専念します。その理由は、生まれて数ヶ月しか経ていない子鶴たちも、越冬のために、2,000kmもの長距離飛行をしなければならないからです。

そのため、雛が生まれると生きるための全ての手法を学ばせるため、家族は常に一緒に行動します。また、一度に生まれてくる雛の数が少ないため、両親で手厚いサポートをして雛を守ることで、育つ確率を上げていると言われています。

ツルの家族愛は、厳しい自然界を生き残るためだったようです。微笑ましくて嬉しくなります。