身近に観察できるハト

ハトの写真

ハトの写真

ハトは、電車のホームや大きな公園などに行くと必ずいる鳥です。警戒心が低くて、集団でまとわりつくように寄ってくるため、うっとうしいと感じるくらいです。

日本で身近にいるハトは、都市部や農耕地などのどこにもいて群れで生活している「ドバト」と「キジバト」の2種類です。

しかし、「ドバト」は、もともとヨーロッパの「カワラバト」でした。駅のホームや公園などにいるハトは、この「カワラバト」が、伝書鳩や趣味として飼われていたものなどが逃げ出して野生化したものだそうです。

ハトは、人慣れしているため、さまざまな仕草を見せてくれますが、ハト独特の仕草や行動もあります。そんなハトの仕草と意味について調べてみました。

ハトの変わった仕草や行動の意味

ハトには、次のようなちょっと変わった仕草や行動があります。それらの意味について紹介します。

《求愛行動》

  • 胸を膨らませてグルーグルーと鳴きながら別のハトにお辞儀のような仕草をします。
    これは、ドバトがメスのハトに求愛をする時の習性です。相手の反応のことは考えずに押しの一手で迫っています。
  • キジバトが、まるでタカが滑空をしているような飛び方をしている時は、メスへの求愛行動(飛行)です。
  • ハトがキスのような仕草をするのは、お互いに恋人として認め合ったハトの行動です。この時、オスのハトは、メスにピジョンミルクと呼ばれる栄養物質を与えています。ピジョンミルクはヒナに与えるものですが、愛情表現としても行っています。

《くつろぎの行動》

    • ハトが地面に翼を広げてうずくまっていたら、それはくつろいだ時間を過ごしている時です。一見、怪我をしているように見えるため、助けてあげようと近づくと、あっという間に逃げてしまうことを経験した人は多いと思います。
    • ハトは、水に浸かってじっとしていることや、雨の日に雨に打たれながら静かにしていることがあります。これは、人に例えると、湯船に浸かっていることやシャワーを浴びているのと同じです。

これらの行動は、寄生虫や余分な脂粉を落としている行為で、他の鳥にも見られる行為です。鳥たちにとっては、生きるためにせざるを得ないものですが、常にピリピリしている生活の中で、リラックスしている限られた時間なのでしょう。

《首を前後に振る》

ハトが歩く時に首を前後に振る行動は、研究者によってさまざまな検証が行われています。

  • ハトの目は、顔の前ではなくて、両側にあるため、広い範囲を見ることができる反面、片側ずつ見ることになって、立体視できないという欠点があります。これでは物までの距離が判らないため、頭を前と後ろに倒して、見ている物の位置をずらすことで距離の把握をしているという説です。

上記以外にも、「重心移動に連動させることで歩行を安定させている」、「聴覚を安定させている」などのさまざまな説があります。しかし、目が横についている鳥でも、首を振らないで歩く鳥はいます。面白い研究対象として新しい説が次々でるのは、説得力に欠けるところがあるせいでしょう。

まとめ

ハトの仕草や行動には、ちょっと変わったものがありました。

これらの意味を調べた結果、確かに、ハトの行動には独特なものもありますが、不思議な仕草や行動の多くは、ハトが人慣れしているために、人の目に触れやすいという理由だけかもしれません。

身近なハトを知ることは、鳥の世界を広げてくれそうです。