国連も推奨した昆虫食

国連ビルの写真

国連ビルの写真


最近は、昆虫食のイベントなども国内の各地で盛んに開催さえるようになりました。2013年には、国連食糧農業機関(FAQ)が、昆虫を家畜や魚のエサにすることや、人のたんぱく源として昆虫を食べることを推奨しています。

このように昆虫食が国連の機関からも推奨されるようになったのは何故でしょうか?

昆虫食が良いとされる理由

国連食糧農業機関(FAQ)が、昆虫食を推奨する背景は、世界人口の増加で、中間層が増え将来の動物性たんぱく質が不足するからと言われています。そのため、家畜の増産をしなければなりませんが、家畜の飼料の栽培に必須の水や土地も足りなくなると言われています。

家畜からの動物性たんぱく質確保の懸念

家畜を増やすためには、エサとなるトウモロコシや大豆が大量に必要になります。しかし、それらを栽培する広大な土地や水には限りがあります。燃料にも使われたトウモロコシは、需要と供給のバランスが崩れて、貧しい人々の食糧としての価格高騰を招いています。

また、家畜の排泄物やゲップからは大量の温室効果ガスが出ると言われています。さらに、牛肉のBSE(牛海綿状脳症)や鳥インフルエンザなどの感染症発生のリスクもあります。

魚からのたんぱく質確保の懸念

魚は世界的な需要の増加や、海洋環境の変化で資源が減少しています。そのため、養殖が行われていますが、養殖魚のエサの確保も難しくなってきています。

以上のような理由から、家畜からの肉や魚は、将来足りなくなるでしょう。それらの不足分を補う食材として注目されているのが、昆虫食です。

昆虫食のメリット

昆虫には、動物性たんぱく質・ビタミン・ミネラルなど多くの栄養成分があります。その上、家畜に比べて、エサや水の量、飼育面積などを少なくできます。

欧米では、昆虫食は食べられてきませんでしたが、世界的にみると多くの国や地域で、昆虫食が食べられてきたという実績があって安全性の心配もないでしょう。これらは、予測される食料不足対策にとっては、大きなメリットです。

まとめ

国連機関が心配するほど、世界の食糧事情はひっ迫してきました。将来は、家畜の肉や魚からの動物性たんぱく質だけでは、不足するために昆虫食が推奨されてきたようです。

既に、欧米の昆虫食は、味が良いことや、原形をとどめていないなどの点で人気を呼んでいますが、安全性への懸念を払拭するための対応などから食品規制の認可は遅れています。

私は、昆虫食の普及を喜んでいる訳ではありませんが、将来の食糧不足の対策になるのなら、さまざまな課題をクリアーして欲しいと思います。

また、最近の報道で、地球規模で生物の数が激減してきたということを知りました。地球で定期的に発生する大量絶滅に匹敵するという学者もいるようです。

この報道では、昆虫の数も激減したということですが、昆虫食の養殖の研究も始まっています。これらの研究などで原因が究明されることを願っています。