硬いゾウムシ

オオゾウムシの写真

オオゾウムシの写真

もう遥か昔のことですが、小学校の帰り道にちょっと寄り道をしてクヌギの木にいるゾウムシを捕まえた思い出があります。今となっては、ゾウムシの種類は判りませんが、1㎝程の大きさで黒くてゴツゴツした体をした像のように鼻の長い昆虫でした。恐らく、オオゾウムシだったと思います。実は、ゾウムシの鼻のように見えるのは、口ですが、当時は鼻だと思っていました。

その頃は、ゾウムシも頻繁に見かけましたが、私がゾウムシを捕まえた理由は、友人から「ゾウムシは虫の中で一番硬い虫」と聞いたからです。

捕まえてから、さっそく指で押しつぶそうとしましたが、とても無理だと判り、大喜びしたことを覚えています。

ゾウムシは、農作物に被害を及ぼす害虫でしたが、ゾウムシの体が硬くて駆除できないため、国の研究機関「産業技術総合研究所」などの研究対象になっていました。

同研究所などの研究チームは、ゾウムシ類の外骨格が硬い理由を2017年11月に究明して報告しています。そのため、多くの人に知られている情報ですが、内容を整理する意味で確認してまとめることにしました。

研究チームが究明した内容

同研究チームが扱ったゾウムシは、沖縄県に生息している「クロカタゾウムシ」という種で、大きさは1.5㎝と大きなゾウムシです。「クロカタゾウムシ」は、マンゴー畑の木の幹や根を食い荒らす害虫です。

研究チームは、ゾウムシの体が黒くて硬い理由を、ゾウムシの体内に共生している細菌のおかげだったということを突き止めました。

この研究成果によって、共生細菌の機能を抑制するような新しい駆除方法の開発のドアが開けたそうです。

ゾウムシの外骨格が硬い理由とは?

ゾウムシの外骨格は、他の昆虫と同じように、タンパク質とキチン質で作られていますが、ゾウムシの外骨格はとても固くて虫ピンさえ通しません。

研究チームは、世界で6万種以上もいるゾウムシの仲間の体内に、1億年以上も前から同居している細菌に着目して研究した結果、細菌の役割を究明して、ゾウムシが硬い理由を解き明かしています。

その細菌は「ナルドネラル」菌と呼ばれるものです。研究チームは遺伝子解析で究明しました。

ナルドネラル菌の役割

研究チームによる「ナルドネラル」菌の遺伝子解析の結果、「チロシン」というアミノ酸を作る機能だけ持っていることを究明しました。

ゾウムシが硬い理由

「ナルドネラル」菌によって作られた「チロシン」は、タンパク質合成に使われるアミノ酸です。

そのため、タンパク質とキチン質を強固に結合して、ゾウムシ類の硬い外骨格が作られたのです。

まとめ

ゾウムシは、ものすごく硬い虫です。ゾウムシが硬いのは外骨格の性質によるものですが、外骨格は普通の昆虫と同じように、タンパク質とキチン質で作られています。では、何故硬いのでしょうか?

その理由を国の研究機関チームが解き明かしました。

ゾウムシが硬い理由は、ゾウムシの体内に同居している共生細菌の「ナルドネラル」菌が作る「チロシン」というアミノ酸を作っていたからです。「チロシン」がゾウムシの体内で作用して、タンパク質とキチン質を強固に結合していたのです。