清楚で清々しいコスモスの花

コスモスの写真

コスモスの写真

秋桜と書くコスモスは、熱帯アメリカのメキシコの高原が原産地です。そのためでしょうか、2メートル近くまで伸びる茎にとっては、太陽光線が真上に来ない日本の秋の中で、真っすぐに立つのも難しそうです。

コスモスがメキシコからスペインに送られた時、コスモスの花が持っている「秩序正しくて調和のとれた美しさ」をたたえて、「秩序」や「整然」を意味する「コスモス」と呼ばれるようになったと言われています。

コスモスの花は、8枚の花びらが均一に並んでいて、バランスの良い均整のとれた形をしています。コスモスの花は、秋桜と書きますが「サクラ」の花びらは5枚です。しかし、「サクラ」の花びらも均整がとれていて、調和のとれた美しさを感じます。

いずれにしても、コスモスの花は「秋桜」と書かれるぐらい、日本の秋に定着したようです。そんなコスモスの花について紹介します。

コスモスの花の構造

コスモスはキク科の植物です。そのため、コスモス一輪は、一つの花のように見えますが実は多くの花が集まったもので「頭状花(とうじょうか)」と呼ばれています。

コスモスの「頭状花」は、8枚の舌状花(ぜつじょうか)と、中心部にある多くの管状花(かんじょうか)で作られています。これらの花は、それぞれ「がく」「はなびら」「おしべ」「めしべ」を持っています。

コスモスの花(頭状花)は、舌状花と管状花の2つの花が合わさって、一輪の花に見えています。舌状花と管状花に関係する花には次のようなものがあります。

  • 舌状花と管状花を持っているもの・・・ヒマワリ
  • 舌状花だけのもの・・・タンポポ
  • 管状花だけのもの・・・アザミ

舌状花と管状花の役割は何?

コスモスの花のように、舌状花と管状花の2つの花が一緒になる理由は次のようなものでした。

舌状花は、大きくて美しいため、花粉を媒介してくれる昆虫に目立つ役割を担っていると思われます。実際にタネを作る役目をするのは、数の多い管状花と言われています。

コスモスはいつ頃渡来したの?

コスモスが日本に入ってきた正確な情報は確認されていませんが、国立国会図書館と全国の図書館が協同で作っているデータベースには、次のような情報があります。
以下は引用です。

『日本大百科全書 9』(小学館 1986)(9102882035)p. 320-321「コスモス」の項
→「日本には幕末に渡来したが、本格的に広がったのは1909年(明治42)、文部省が全国の小学校に栽培法を付して配布してからである」とあり。この項の著者は事前調査事項の『花の履歴書』と同じ「湯浅浩史」。

まとめ

コスモスの花(頭状花)は、舌状花と管状花の2つの花が合わさって、一輪の花に見えていました。

8枚の舌状花は外側にある8枚の花びらのことで、管状花は中心部にある多くの花で作られています。これらの花は、それぞれ「がく」「はなびら」「おしべ」「めしべ」を持っています。

舌状花は、花粉を媒介してくれる昆虫を引き寄せる役目を、管状花はタネを作る役目を担っているようです。