野外観察を通じて、くつろぎとやすらぎを提供する自然観察のサイト
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »

鳥の視力は何故良いの?

鳥の視力はどのくらい良いの? 猛禽類(もうきんるい)のタカは、人の7.5倍も、物を見る時に働く細胞を持っています。これは凄いことです。単純に考えると、人が100m先の物を見る時と同じ感覚で、750m先の物を見ていることに …

カレドニアガラスが道具を自作する世界一賢い鳥になった理由

カラスは鳥の中でも賢い鳥と言われていますが、南太平洋のニューカレドニアに生息しているカレドニアガラスは、朽木(くちき)の中に潜んでいる好物のカミキリムシの幼虫を捕食するために、小枝等の先端を加工して幼虫を引っ張り出す道具 …

道具

始祖鳥が羽ばたいて飛べた? という新発見から学んだ事

何気なく新聞の記事を見ていたら、始祖鳥(しそちょう)は、羽ばたいて飛べたかもしれないというニュースがありました。 そのニュースのことを妻に話したところ、始祖鳥って何? という返事が返ってきました。 え、本当に始祖鳥の事を …

鳥の翼 空を自由に飛ぶための複雑な仕組み

人は昔から大空を飛びたいと願ってきました。現在では、高速移動手段として飛行機やヘリコプターなどがありますが、大空を自由に飛ぶという感覚とは程遠いものです。 しかし、翼を持っている鳥は実現しています。 翼のある鳥たちが、ど …

寒波がもたらす白鳥への影響と、ロンドンの鳥インフルエンザ発生状況

日本海側の大雪の映像は、毎日のようにニュースで流されていますが、新潟県の湖沼に飛来する白鳥にとっても、寒波は大変な影響をしているようです。 新潟県で越冬する白鳥たちへの寒波の影響 新潟県の湖には、毎年数千羽もの白鳥が飛来 …

特別すごい羽毛を持っている鳥

鳥が飛ぶためには、なくてはならない羽毛は、鳥たちの体温を維持するのにも必須です。 羽毛布団やダウンジャケットは軽くて、とても暖かいという特徴があって、化学素材が進歩した現在でも、羽毛は暖をとる素材の先頭にいます。 そんな …

白鳥に関するちょうと珍しいニュースの紹介

年が明けて、いよいよ寒さも本番を迎えました。そんな時に、地方新聞で白鳥についての珍しい話題を目にしました。 尚、左の写真は、この記事とは関係のない「川で撮影したハクチョウの写真」です。 新聞などで紹介されていた記事の内容 …

首都圏で1000羽ものハクチョウ観察ができる「白鳥の郷」

千葉県印西市笠神(成田市付近)の水田には、毎年多くのハクチョウが飛来する「白鳥の郷」があります。 「白鳥の郷」では、早朝に水辺から飛び立つハクチョウを、そして夕方には舞い戻って着水する多くのハクチョウを観察することができ …

オーストラリアの野鳥のコクチョウが日本にも生息!

コクチョウは、オーストラリア国内にいる固有種です。ところが、先日、環境省が行っている渡り鳥の飛来状況をみたところ、茨城県の千波湖に6~22羽のコクチョウがいることを知りました。 コクチョウは、コハクチョウと同じぐらいの大 …

ガバ沼と邑楽町シンボルタワー

群馬県立多々良沼公園内の多々良沼の西側には、ガバ沼があります。去年の12月下旬ごろに、ハクチョウ好きの友人と共にハクチョウ観察に行ってきました。 12月は寒い日が続きましたが、ガバ沼でハクチョウ観察をしていた人に伺うと、 …

« 1 2 3 10 »
PAGETOP
Copyright © 白鳥と昆虫と花等の自然観察のサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.