野外観察を通じて、くつろぎとやすらぎを提供する自然観察のサイト
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »

手乗りスズメの出現は良いことなのでしょうか?

警戒心を解いてしまったスズメたち スズメはカラスと共に、人とのつながりが深くて、常に身近いる鳥です。しかし、日本のスズメは、ヨーロッパのイエスズメと違って、人への警戒心が強く、きっちりとした距離感を保っていました。 その …

スズメの写真

水辺の宝石と呼ばれるカワセミとは?

人気者のカワセミ 公園を散歩していた時、園内の池の周りにカメラマンが大勢集まっている光景をみました。彼らは、その池に来るカワセミを撮影していたのです。 カワセミは、水辺の宝石と言われる程、美しい小鳥ということは知っていま …

カワセミの写真

鳥の卵はホットな研究テーマだった

鳥の卵の色 ニワトリの卵は、大抵白色か薄茶色です。野鳥の卵は、あまり見たことはありませんが、白地に薄茶色やこげ茶の斑点のものが普通です。 ムクドリやサギの仲間では薄い青色、ウグイスはチョコレート色をしていますが、図鑑など …

野鳥の卵

オナガの不思議な生息分布

オナガはミステリアスな鳥 オナガという鳥は、黒い帽子を目深にかぶって、背中の途中から長い尾まで、綺麗な青色の似合うとても気品のある姿をしていて、飛んでいる姿を下から見ると、まるで2つの扇を広げたようにも見えます。 しかし …

オナガの絵

カッコウが托卵する理由

カッコウとはどんな鳥でしょう まだ朝靄(あさもや)のある早朝に、森の方から「カッコー、カッコー」という鳴き声を聞いたことがあるという人は多いでしょう。「カッコー、カッコー」という声を聴くととても懐かしさを感じます。 ただ …

カッコウの絵

暗闇ですごいフクロウの特殊な能力

フクロウの特別な能力 フクロウは、夜になると活動する猛禽類です。周囲が暗くても見える目をもっているからと言われていますが、本当に目が良いだけなのでしょうか。 フクロウの特徴 フクロウは、北ヨーロッパからロシア、日本にかけ …

ウソってどんな鳥なの?

ウソという変わった名前を持っている小鳥 ウソは、スズメよりも少しだけ大きくて、暑さに弱い小鳥です。ヨーロッパの温帯から亜寒帯地域に広く分布していて、日本では涼しい2000メートル以上の亜高山帯の針葉樹木に生息していますが …

ウソという小鳥の写真

人懐こくて仲良し好きのヤマガラ

ヤマガラという小鳥 ヤマガラは、スズメ程の大きさで、とても人懐こい小鳥です。そのため、ヤマガラは野生の鳥ですが、いつも身近にいてくれるように感じられます。 ヤマガラの見た目は温和で、小さくて弱々しいため、厳しい自然の中で …

ヤマガラの写真

ハヤブサが都会に棲む理由

猛禽類のハヤブサが大都会に棲むのは世界的な傾向 猛禽類(もうきんるい)のハヤブサは、海岸に面した断崖絶壁の岩棚などで営巣する鳥ですが、開発が進んだ影響で、そんな場所は減ってきています。 そのためでしょうが、大都会の高層ビ …

ハヤブサの飛行写真

身近で人懐こいシジュウカラという小鳥

最も身近な小鳥 シジュウカラという名前は有名ですが、周りの人に聞いてみると、シジュウカラという名前は有名だけど、どんな鳥なのか知らないという人が多いので驚きました。多分、普段見ていても気が付かないのでしょう。 シジュウカ …

« 1 2 3 11 »
PAGETOP
Copyright © 白鳥と昆虫と花等の自然観察のサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.