野外観察を通じて、くつろぎとやすらぎを提供する自然観察のサイト
ブログ

白鳥

コブハクチョウの若鳥の色は灰色種だけではなかった

ハクチョウの若鳥の色 ハクチョウの若鳥は、灰色をしていると思っていました。河川敷から見たコハクチョウの若鳥は、真っ白な親鳥と違って、灰色をしていたからです。 しかし、ヨーロッパなどにいるコブハクチョウの若鳥は、生まれた時 …

コブハクチョウの写真

今年もハクチョウ来てくれるの?

白鳥好きの友人の低いテンション もう、11月の下旬近くなのに、友人のテンションは低いままです。ハクチョウを見に川に行こうとさそっても、あまり乗り気になりません。 友人は、『まだハクチョウは来ていない。ハクチョウの生息地の …

伊豆沼に飛来するハクチョウ

伊豆沼に来たハクチョウ 2017年秋〜2018年春の環境省調査データを使って、宮城県の伊豆沼に飛来した、ハクチョウを調べてみました。 環境省取得データ 2017年秋〜2018年春の期間では、オオハクチョウの飛来数は20, …

伊豆沼の写真

渡り鳥飛来調査データによるハクチョウの飛来状況

環境省の渡り鳥飛来状況データ 環境省は、渡り鳥の飛来状況調査を毎年秋から翌年の春まで(3回/月)行っています。調査地は全国で39ヶ所の特定の場所のため、地元の方から見ると、もっと観察場所に適した場所があると感じるかもしれ …

白鳥の写真

クッチャロ湖のハクチョウ飛来データで連想したこと

クッチャロ湖に集まるハクチョウ 北海道北部のクッチャロ湖は、日本で越冬するハクチョウ(主にコハクチョウ)の玄関口です。遠いシベリアから飛来したハクチョウの調査地点では、日本最北の中継地になります。そのため、春と秋には凡そ …

クッチャロ湖の写真

ハクチョウたちの瓢湖への飛来状況と一日の生活

瓢湖の状況 新潟県の瓢湖(ひょうこ)は、故吉川重三郎氏が、昭和29年に日本で初めてのハクチョウの餌付けをした場所として有名です。 今年も、「白鳥おじさん(斎藤功氏)」による餌付けが始まったそうです。斎藤氏は、2013年に …

瓢湖の写真

ハクチョウが極寒のシベリアに戻る理由は何?

遠方まで渡りをする疑問 ハクチョウは、秋になると極寒のシベリアなどから日本などの温暖な地域に渡ってきて冬を過ごします。そして冬が終わると数千キロメートルも離れた故郷に戻っていきます。 私だったらいっそのこと渡りなどは止め …

ハクチョウの写真

伊豆沼へ飛来するオオハクチョウのデータ

環境省の渡り鳥関連情報 10月になると、ハクチョウの飛来情報が入ってくるようになります。2018年10月4日には、酒田市の最上川に今季初めて飛来したコハクチョウのニュースが新聞に掲載されていました。 同市には、ロシア極東 …

オオハクチョウの写真

日本人とハクチョウとの関わり

日本人にとって特別の存在だったハクチョウ 秋が深まった頃になると毎年やってきて、春に飛び去ることを繰り返す渡り鳥の中でも、白くて大きなハクチョウは、カモなどをタンパク源としていた古代人にとっても特別な存在だったようです。 …

白鳥の写真

寒波がもたらす白鳥への影響と、ロンドンの鳥インフルエンザ発生状況

日本海側の大雪の映像は、毎日のようにニュースで流されていますが、新潟県の湖沼に飛来する白鳥にとっても、寒波は大変な影響をしているようです。 新潟県で越冬する白鳥たちへの寒波の影響 新潟県の湖には、毎年数千羽もの白鳥が飛来 …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 白鳥と昆虫と花等の自然観察のサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.