野外観察を通じて、くつろぎとやすらぎを提供する自然観察のサイト
ブログ

白鳥

鳥類の渡りの追跡法

鳥類の渡りの追跡法には様々な方法があります。これらには一長一短がありますので、それらについて簡単に紹介します。   標識法 これは、一度捕獲した鳥に首輪や足環を付けて放鳥後、再度捕獲された時に、標識に記載されて …

岩倉自然公園で見つけた、すごい白鳥観察データ

 写真撮影が趣味で白鳥好きの友人(このサイトの共同運営者)とともに、群馬県玉村町にある「岩倉自然公園」に行ってきました(2月28日)。 公園内の木の葉は落ちて、冬の景色でしたが、当日は暖かくて気持ちのいい日でした。「岩倉 …

荒川の白鳥飛来状況(一部訂正箇所含みます)

 前回の投稿記事で、今年はじめての白鳥観察(烏川)を紹介しました。今回は、同日(12/9)に行った荒川の白鳥飛来状況を紹介します。 当日は天候に恵まれ、烏川では、多くの白鳥を見ることができて気分は絶好調でした。その足で、 …

今シーズン最初の白鳥観察(烏川:からすがわ)

先週末に友人と2人で、川(烏川、荒川)と多々良沼、そしてガバ沼に白鳥が飛来している状況を見に行ってきました。 友人は、何年も前から白鳥観察をしていますが、私は、はじめての経験でした。烏川は、どこにでもあるような普通の川で …

渡り鳥の多くが繁殖期に北を目指す理由

 鳥類の渡りは北を目指すものが多いのですが、それは何故でしょうか。多くの渡り鳥は、北に移動して、そこで繁殖します。 はっきりした真相は判っていませんが、地球の長い歴史をみると気温が冷えた寒冷期と温暖化が進んだ時期が周期的 …

白鳥の寿命

白鳥の寿命には色々な説があります。その中の一つの仮説に、心拍数から仮定した説がありましたので紹介します。 (1)鳥類の心拍数は12億回 これは、臓器機能の細胞角質から考察した耐用数値と言われています。 (2)すべての生物 …

白鳥の高度飛行の身体への影響と、鳥の脅威的な高度飛行記録

白鳥が渡りをする時の飛行高度は、約6,000フィートと言われています。1フィートはおよそ0.3メートルですから、白鳥はおよそ1,800メートルの上空を飛行していることになります。 この環境が、白鳥にとってどの程度のものな …

白鳥等の渡り鳥はどのようにして行先を認識しているのでしょうか

白鳥を代表とする渡り鳥の多くは、地球を南北に移動します。そしてその移動距離は、数千キロにもおよびます。このような、はるかかなたをどのようにして認識して移動できるのでしょうか。 鳥がどうやって渡りの経路を認識しているのかは …

渡り鳥の様々な区分

白鳥は渡り鳥ということは誰でも知っていると思います。しかし、白鳥でも、例えば九州地方などに訪れることがありますが、その場合は、「迷鳥」という呼び名で区分して扱われます。 そのような区分を判りやすく整理してみました。 まず …

白鳥などの水鳥が片脚立ちで氷上で休んでいても凍えない理由

水鳥たちは真冬でも氷の上に片脚で立っていることもあります。水鳥達は何故、そんなことをしても凍えないのでしょうか? 白鳥などの水鳥は、休む時に首を背中に廻しこんで、羽毛に頭と首を入れて寒さをしのいでいるように見えます。これ …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 白鳥と昆虫と花等の自然観察のサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.