野外観察を通じて、くつろぎとやすらぎを提供する自然観察のサイト
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 花・野草

花・野草

地球上で開花まで最も期間を要する植物は?

発芽から開花するまでに3年以上かかる多年草には、チューリップやユリの仲間の球根を持つ植物があります。これらは冬になると地上にでている部分は枯れてしまう「草本性(そうほんせい)」植物ですが、 柿(8年)や栗(3年)等の「木 …

植物の開花までのプロセスに着目した判りやすい分類名称

花はとても綺麗で人の心を魅了してくれますが、植物にとっては、花は子孫を繁栄させるための重要な役目を担っていて、花が散ると種子をつけます。 花を咲かせる植物は、花に集まってくる小さな動物たちと共存することで受粉をすることが …

真夏の象徴のような「ひまわり」の花と美味しい種

夏の代名詞のヒマワリ 夏の代名詞と言われる程「ひまわり」は、太陽がぎらぎら照りつける日差しの強い日に似合います。 「ひまわり」の茎は大きくなると、3mぐらいにのびて、真黄色の鮮やかな大輪を咲かせます。 小学校の花壇に数本 …

ヒマワリの花

日本の季節を代表するコスモスの花と、遠い思い出

秋になると、あちらこちらにいっせいに咲き始めるのは、コスモスの花です。 コスモスという響きは透き通っていて、さわやかな秋風を思い起こさせてくれます。 そして、それにダメをおすかのような、山口百恵さんの「秋桜(こすもす)」 …

とても親しみやすい「ねこじゃらし」という雑草

庭の隅の方に「ねこじゃらし」が生えてきました。よくみると、芝生の中にも堂々とはえてきています。 毎年、芝の手入れは大変で、草取りをする気にならないのですが、「ねこじゃらし」のような雑草が生えてくると、妻の悲鳴のような苛立 …

清楚で魅惑的なカタクリの花

カタクリという花は、ニリンソウなどとともに「春の妖精」と呼ばれるそうです。 実は、私は花の名前に疎くて、カタクリという花も知りませんでしたが、はじめてカタクリを見た時には感動しました。 カタクリの花は、春先に咲く花です。 …

心を和ませてくれるギンパイソウ

実家の庭の芝には、毎年5月頃になると、独特の白い色をした小さな花が咲きます。私は、数年前に気が付いたのですが、母の話では随分昔に親戚のおばさんが持ってきてくれた「銀杯草(ギンパイソウ」だそうです。 「独特な白い花」という …

古代蓮とはどんな蓮のことを言っているのでしょうか?

数10年前に、1000年以上も前の蓮(はす)の種子が見つかり、古代蓮(こだいはす)として今年の夏もピンク色をした鮮やかな花をさかせていました(6月〜7月)。 ところが、古代蓮と呼ばれている蓮は、1つだけではありません。日 …

可憐に咲く早春の妖精「セツブンソウ」

セツブンソウは、2月から3月に小さくて可憐な白い花を咲かせます。 名前の由来は、早春に芽をだして、節分の時期に花を咲かせるからだと言われていますが、関東の山野では、3月頃に咲きます。 寒い時期に小さな背丈で健気に咲く花は …

ヒガンバナは、自然界が創った妖艶な造形美の極み

ヒガンバナは、秋風が吹き始める頃に、群れて赤い花を咲かせます。 子供の頃は、赤色に怖いというイメージをもっていたのと、墓地に沢山咲いていたということから、ヒガンバナに対して、意味もなく良い印象を持っていませんでした。 と …

« 1 6 7 8
PAGETOP
Copyright © 白鳥と昆虫と花等の自然観察のサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.