野外観察を通じて、くつろぎとやすらぎを提供する自然観察のサイト
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 花・野草

花・野草

ポリネータのハエをだまして実をつけるずるい花

植物と小さな虫たちの関係を考えた時、 普通に思い浮かべるのは、虫たちが植物から蜜や花粉をもらう代わりに、虫たちは植物の種子を実らせるお手伝いをする等の共存共栄だと思います。 人から見ると、そのような共存共栄の関係(美しい …

開かずの花というシステムで子孫を増やす花の智慧

花々は競って綺麗な花を咲かせてくれます。 それは、自由に動き回ることのできない植物たちが、ポリネータ(小さな虫等)に受粉をしてもらうための智慧です。 何故かは判りませんが、多くの生物は近親間の交配では正常な子孫を残しにく …

世界で語られているバラにまつわるお話

バラという花はゴージャスな花の代表で、花を知らない人でもバラと聞いただけで、そのイメージを思い浮かべることができると思います。 それ程、ポピュラーな花ですから、様々な話題も提供してくれます。 薔薇という漢字の由来 薔薇( …

庭先に勝手に咲いた花はテッポウユリではなかった!

庭の片隅に、いつの間にかはえてきて白くて見栄えのする花を咲かせてくれる花は、図鑑の写真からテッポウユリだと思っていましたが、本物のテッポウユリは九州から沖縄の西南諸島に自生している野生のユリであることを知りました。 そう …

大雑把な植物の分類は、以外にも判りやすく作られていました!

河川敷を散歩している時に可憐できれいな花を見つけるようになってからは、とても花に興味を持つようになりました。 花に興味が湧いてきてからは、花の名前を知りたくなり、さらにその花について詳しく調べたくなりました。しかし、細切 …

世界経済覇者の中世のオランダが、チューリップバブルではじけた経緯!

中世のオランダは海洋貿易が成功して経済大国として世界の中心でした。 そのため市民は潤い、人々は欲しいものには、躊躇なくお金を出して手に入る風潮がありました。 そんな時に、中近東に分布していた野生のチューリップがヨーロッパ …

何故、桜の花は一斉に咲いて一斉に散るのでしょうか?

桜は、日本の代表的な花です。 冬が終わる頃になると、報道番組の話題の中心は、桜の開花時期になるくらいです。それくらい日本人には親しまれている桜ですが、桜の花をじっと観察すると不思議です。 何故、桜の花は、ニュース番組で桜 …

植物とアリとの共生関係を調べて感じたこと!

アリは、外敵から襲われにくい狭い空間を好みます。そのため、日本でも枯れた竹の中や茎の内部にすんでいるアリを見ることはしばしばあります。 私が日本で見つけたように枯れた植物の中にいるアリ達には、あまり興味はわきませんでした …

イチジクとイチジクコバチのひっ迫した共生関係

もう随分昔ですが、実家の裏庭にはイチジクの木がありました。そしてイチジクの実は毎年食べきれない程実ったことを覚えています。 イチジクは漢字で書くと「無花果」と書いて、花は咲かないのに果実をつけるのかとも思ってしまいそうで …

大増殖を続けるセイヨウタンポポのしたたかな生き方

冬の終わり頃に河川敷を散歩すると、肌寒さで気持ちも暗くなってしまいますが、黄色の鮮やかな花が咲いているのを見ると、ほっとします。 その花はタンポポですが、そのほとんどはセイヨウタンポポだと言われています。 セイヨウタンポ …

« 1 7 8 9 »
PAGETOP
Copyright © 白鳥と昆虫と花等の自然観察のサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.