野外観察を通じて、くつろぎとやすらぎを提供する自然観察のサイト
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 昆虫・虫

昆虫・虫

メスだけでも子孫を残せる昆虫の不思議

多くの生物は、卵子と精子を受精させて繁殖していますが、メスの遺伝子だけを引き継いで繁殖する単為生殖も行われています。単為生殖で爆発的に増殖するアブラムシや、自分で単為生殖を選べることが判ったシロアリについて紹介しています …

マトリョーシカ

ハエが前脚をこする理由

ハエがとまっている時には、常に前脚をこすり合わせる仕草をしています。まるで、食事の前に手を洗うようにみえます。この記事では、世界中に生息しているキンバエが、前脚をこすり合わせる理由について紹介しています。 キンバエの特殊 …

ハエ

マルハナバチが飛べる仕組みとは?

マルハナバチは、ミツバチを丸く太らせたような体形で、体重の2倍の蜜などを運ぶことができます。高空理論では、飛ぶ仕組みを説明できませんでしたが、シミュレーションや高速撮影技術の進歩などで解明が進展しました。小さな昆虫たちの …

マルハナバチ

不死身のようなネムリユスリカの幼虫

アフリカのナイジェリアにある乾燥地帯には、とても過酷な条件でも不死鳥のように生き返る、ネムリユスリカの幼虫が生息しています。この記事では、ネムリユスリカの幼虫が生命活動を停止させて、乾燥状態で長期間過ごすことができる理由をわかり易く紹介しています。

水を飲む少女

もっと知りたいダンゴムシのこと

ダンゴムシとは何者なの? ダンゴムシは、世界中の温暖な地域にいて、学問的には、等脚目(とうきゃくもく)に分類されます。等脚目は、エビ、カニなどの甲殻類(こうかくるい)の動物群に含まれていて、ダンゴムシの仲間には、浜辺にい …

ダンゴムシの写真

6月だけ活動するツンドラ地帯の凄い蛾

北極圏に棲んでいるハイアークティックモス 私が持っている蛾(ガ)のイメージは、暑い夏の夕暮れ時に、暗い森の奥に潜んでいるというような印象です。ところが、永久凍土に覆われたカナダ北部の島からグリーンランドのツンドラ地帯に生 …

凍ったフィヨルドの写真

海の底に巣を作るウミトゲアリとは?

海底都市を作るアリがいるの? ダンゴムシの本を読んでいたら、オーストラリアのウミトゲアリのことが書かれていました。普通のアリは、強引に水中に入れて石などにつかませると、暫くは水中でも歩き回りますが、呼吸ができません。 と …

マングローブの森

シロアリが白い理由

黒いシロアリ 白アリの本を見ていて、黒いシロアリがいることを知りました。写真を見ると、手足の先の方はチャイロですが、頭からお尻までは黒くてツヤツヤしています。このシロアリは、コウグンシロアリという種類で、隊列を組んで餌と …

日よけ笠と女性の写真

シロアリの便利な翅

羽アリを見つけて心配になったこと 羽アリを見ると、シロアリを思い浮かべて床下が心配になりますが、シロアリの羽アリ発生時期は、春先から夏の初め頃までの時期でした。 羽アリを見つけて、しらべたところ、夏から秋・冬にかけて見ら …

紙飛行機の写真

シロアリを恐れさせるオオハリアリとは?

シロアリの天敵 オオハリアリは、1930年代に日本から北アメリカに侵入後、現地のアリを減少させるだけでなく、節足動物や植物を食べる昆虫類なども捕食して分布の拡大を図っていました。 このことは日本ではあまり知られていません …

朽木の写真
1 2 3 14 »
PAGETOP
Copyright © 白鳥と昆虫と花等の自然観察のサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.