野外観察を通じて、くつろぎとやすらぎを提供する自然観察のサイト
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 昆虫・虫

昆虫・虫

ヘッピリムシのおならは強力な武器だった

 ミイデラゴミムシは、オサムシ上科・ホソクビゴミムシ科の甲虫で、いわゆる「ヘッピリムシ」の代表として知られています。 大きさは、2㎝足らずの小さな昆虫ですが、土とゴミが混ざったようなところにいて、土を掘り返すと一目散に逃 …

小さな脳でもコントロール可能なミツバチの視覚による飛翔方法

 人は、自分の動きを、視覚情報、皮膚感覚、手足の運動位置等を伝える様々な情報等を大きな脳で処理することで得ています。 センサーから来る情報の詳細は判りませんが、大きな脳を持つ人間なら、様々な情報を集めて複雑な処理をしてい …

小さな昆虫たちがビッグサイズを求めない理由

 私は、昆虫のことが大好きです。昆虫は、小さな体で大きくて重いものを運べる・飛ぶことが出来る・素早い動きができる等の様々な優れた能力を持っています。 もしも昆虫が人間と同じくらいの大きさになったら、きっとスーパーマンのよ …

日本に侵入してしまったカミキリムシたち

近年、クビアカツヤカミキリが埼玉県を中心に関東地域でも繁殖して平成30年1月15日には、特定外来生物に指定されています。 クビアカツヤカミキリは、桜や桃の木に甚大(甚大)な被害を及ぼす可能性があり、マスコミ報道にも取り上 …

害虫として嫌われているカミキリムシたち

カミキリムシは、身近な甲虫で種類が多く、カラフルなものから地味なものまで様々です。そんなカミキリムシを好きな人は多いのですが、カミキリムシは果樹や松の木を枯らしてしまう害虫でもあります。 今回は、害虫として嫌われているカ …

日本で人気No1甲虫(カミキリムシ)の一般的な生態と成虫の食べ物

カミキリムシは、世界中で約3万種が知られていて、国内には800種を超える種が記録されています。 そんな、カミキリムシは色彩や形、模様などが美しいため、樹木を枯れさせてしまう害虫と言われながらも、愛好家が多い事でも知られて …

日本にもいる成虫の姿で越冬するトンボたち

テレビ番組で見たのですが、成虫の姿のままで越冬をするトンボがいることを知りました。 日本には3種類だけで、何れも細長いタイプのイトトンボの仲間です。 普通のトンボはヤゴが水中で越冬します。 まさか、夏になると、涼しげな水 …

アリの巣で生活する昆虫たちのアリをだます手口とは?

集団でコロニーを作って社会生活をする雑食性のアリは、昆虫たちにとっては恐ろしい生き物ですが、そんなアリの近くを選んで生活をする昆虫もいます。 このようにアリの社会と何らかの関係を持つ昆虫を、「好蟻性(こうぎせい)昆虫」と …

働かないアリの脳内には特別な神経伝達物質が増えていた!

以前、何かの本でアリには「働かないアリ」が20%程いると書いてありました。また、別の書籍には、アリだけでなく、集団で生活している様々な生き物の世界では、同様のことが起こっているというようなことが記載してありました。 但し …

ユーモラスで可愛いオケラは懐かしい仲間のような昆虫

子供の頃、稲刈りの終った田んぼに行って、「オケラ」を捕まえて、手の平に包んで遊んだことを覚えています。(大きな前脚で指の隙間をこじあけようとする力は強烈で直ぐに逃げられました) 「オケラ」は、「ケラ」が正式名の3㎝程の昆 …

« 1 2 3 4 11 »
PAGETOP
Copyright © 白鳥と昆虫と花等の自然観察のサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.