古代の生物の体の色はわからないものが多いと思います。色は化石として残らないからです。

ところが、始祖鳥の風切り羽の標本「ザ・フェザー」から「メラノソーム」という、小器官の痕跡が確認されたことから、色を特定することができました。

この「メラノソーム」は、顕微鏡でやっと見つけることができるような小さな器官ですが、現在の鳥類の羽根にもあることから、87種の鳥類のメラノソームと比較することで、95%の確からしさ(確率)で、「ザ・フェザー」という標本の色を黒とつきとめたそうです。

但し、これはあくまで、標本から確認できた情報です。始祖鳥の翼全体の色までは判りません。

しかし、黒色の色素はケラチン質という、羽根を丈夫にする成分と言われていますので、黒色で覆われていた可能性はあります。

始祖鳥の翼全体が、カラスのように黒色をしていたのかもしれません。

ここで、始祖鳥とはどのようなものだったのかを纏めます。

(1)始祖鳥の発見と学名

始祖鳥は1861年に発見、報告されています。チャールズ・ダーウィンの「種の起源」の出版は1859年ですから、まさに進化論で騒がれている最中に確認されています。学名は「太古の翼」を意味する「アーケオプテリクス・リソグラフィカ」と命名されています。

(2)始祖鳥の化石

今までに、10体が報告されていますが、全て1億5000万年前のジュラ紀後期の地層から発見(ドイツ南部)されています。

そして、これらの標本はヨーロッパ各地の博物館が所蔵していますが、特に保存状態が良くて、腕を広げた状態で発見された「ベルリン標本」は頭部が完全に残っていて、歯も確認できる標本です。

この標本は、教科書などにも写真が掲載されていて目にした人は多いと思います。その大きさは全長50㎝程で、一目見て鳥と認識できますが、手の指は3本あります。そして指の先には鋭い鉤爪(かぎづめ)があります。

この化石から、歯をもっていることが確認されたため「始祖鳥」は鳥類と爬虫類をつなぐものとして認知されるきっかけになったそうです。

(3)骨格などから想像される飛翔能力

始祖鳥は大きな翼をもっていますが、空を飛ぶために必要な胸筋や胸骨の発達はみられません。肩の関節の分析でも腕を肩以上に上げることが難しいと判りました。

但し、飛行できる動物の場合は、目が良いという特徴があります。このため、研究者は視覚神経とバランスを司る三半規管に着目して調査しました。その結果はどちらも優れているという結果が得られています。

以上の分析結果から、研究者達は「始祖鳥」の飛行能力については、滑空飛行が主体で鳥のように、はばたく「飛翔」はできなかったと推定しています。