日本に定期渡来する白鳥は、全7種の内「オオハクチョウ」と「コハクチョウ」の2種ですが「コブハクチョウ」と「ナキハクチョウ」という種も迷って飛来したことがあります。

(1)白鳥の日本への定期渡来地の南限

定期的に渡来するのは島根県の中海が南限です。それより南の地への飛来もありますが、迷鳥的な扱いです。尚、鹿児島県出水市荒崎に1937年まで「オオハクチョウ」が毎年(1〜5羽)来ていましたが、その後は地球環境の変化などから、ほとんど来なくなりました。

(2)白鳥の古い呼び名

白鳥類は、奈良時代の頃には「くぐひ(鵠」」や「しらとり(白鳥)」と呼ばれ、平安時代には中国名の「鵠(こく)」や、それを読みやすくするために語尾などが他の音に変わった「音便(おんびん)」読みで「こう」とも呼ばれていました。

さらに江戸時代になると「はくてう(白鳥)」とも呼ばれるようになり、主に「くぐひ」と「はくてう」の呼び名が使われていたようです。

明治時代には鳥類目録が作られていて、「オオハクチョウ」と「ハクチョウ」と記載されています。尚、「ハクチョウ」は1974年から「コハクチョウ」に変更されています。

(3)「コハクチョウ」と「オオハクチョウ」

「コハクチョウ(小鵠)」は小という字があるので誤解されますが、全長は1.2mもあります。そのため「オオハクチョウ(大鵠)1.4m」と並んでいる時以外は区別がつかないことから、嘴(くちばし)の黄色部分の大きさと形で区別しています。黄色の部分が嘴の半分未満で丸みがあるのが「コハクチョウ」で、黄色の部分が嘴の半分以上で先がとがっているものは「オオハクチョウ(大鵠)」です。

「コハクチョウ」は「オオハクチョウ」よりも南方まで渡って来るようです。島根県の中海には「コハクチョウ」が多数越冬していて、九州に渡るのも「コハクチョウ」の方が多いと言われています。

尚、余談ですが白鳥の中で最大種はアメリカ合衆国の北西部やカナダ西部に生息している「ナキハクチョウ」で、全長は1.5-1.8m、翼を広げた長さは2.3-2.6もある巨大な鳥だそうです。