水鳥たちは真冬でも氷の上に片脚で立っていることもあります。水鳥達は何故、そんなことをしても凍えないのでしょうか?

白鳥などの水鳥は、休む時に首を背中に廻しこんで、羽毛に頭と首を入れて寒さをしのいでいるように見えます。これは、寒さから嘴(くちばし)や頭部、首などの露出を極力避けることで、体温の発散をできる限り防いでいる当然の行動だと思います。

嘴とまぶたは皮膚が露出しているため、背中に首を突っ込む姿勢は、皮膚の露出部が全て羽毛に覆われて体温の発散が抑えられるのです。

しかし、脚はむきだしです。白鳥は短めの脚ですが、むきだしです。これでは、むきだしの脚からどんどん熱が放出されてしまい、体温は低温化してしまうのではないでしょうか? しかも脚先から放出される熱で、白鳥が立っている氷も割れてしまうかもしれません。

《水鳥の脚の驚くべき仕組み》

脚の付け根の部分にある血管には、寒さに耐える驚くべき仕組みがありました。

鳥の脚の付け根の部分では、動脈のまわりに静脈がまるで網のようにとりまいています。そしてその部分では、動脈も枝分かれしていて網のような構造になっています。

脚の付け根の部分では、動脈と静脈が絡みあっているようにも見えます。実は、この構造が寒さに耐える仕組みなのです。

動脈からは暖かい血液が心臓から送られてきます。そして脚の付け根の部分には動脈とからみあうようにして静脈があります。

脚の先に送られる暖かい動脈血は、からみあった静脈血に熱を奪われます。そして、動脈血は冷たくなって脚先に送られます。

冷たい脚先から戻ってきた静脈血は、脚の付け根の部分(動脈と静脈がからみあっている部分)で暖かい動脈血に温められて体内に戻っていきます。

このようにして、熱を伝え合う機構は、車やエアコンなどで、熱交換システムとして使われているものにもあります。

そのため、常に脚先の温度は低いのですが、体の中は冷えることなく暖かく保たれていたのです。白鳥等の水鳥たちは、このような熱交換システムを脚の付け根部に持っていたため氷の上でも平気だったのです。