昆虫は、よく知られているものだけで100万種いて、未発見のものまで入れると1000万種を超えるといわれています。

そして昆虫の歴史は、人間の歴史とは比べものになりません。仮に人が出現したのを200万年前とすると、昆虫は、その200倍にもなると言われています。つまり、4億年もの間、地球上で繁栄していたことになります。

これらの昆虫を分類することは途方もなく大変な作業に感じられます。

しかし、多くの研究者たちの努力で、現在は体形だったものに分類することができるようになっています。これらの大雑把な分類について紹介します。

現在の生物分類の基礎は、スウェーデンのカール・フォン・リンネ(1707-1778年)によって1735年に作られています。このリンネ氏は、生物を「界(かい)・鋼(こう)・目(もく)・属(ぞく)・種(しゅ)・変種」に分けて配列しています。例えばモンシロチョウの場合は、「動物界・昆虫鋼・鱗翅目・アゲハチョウ属」としています。

つまり、昆虫は「鋼」からの分類になりますが、この「鋼」は翅(はね)を持っていないもの「無翅昆虫亜鋼(むしこんちゅうあこう)」と、持っているもの「有翅昆虫亜鋼(ゆうしこんちゅうあこう)」に分けられています。

そして、「有翅昆虫亜鋼」の中に、「旧翅群(きゅうしぐん)」と「新翅群(しんしぐん)」の分類があります。

さらに「新翅群」の中には「多翅群(たしぐん)」「準新翅群(じゅんしんしぐん)」「貧翅群(ひんしぐん)」があります。

「旧翅群」としての飛翔の先駆者の特徴を残しているものにトンボやカゲロウがいます。旧翅群の昆虫は、翅を飛ぶためだけに使っていましたが、「新翅群」の昆虫は、翅をたたんで背中を覆うことで、体を保護することにも使っています。

又、翅を背中にしまい込むことで狭い場所にも潜り込めるようになって、新たな環境への進出を果たしています。

そして、画期的に昆虫の多様性を拡大させたのは、さなぎのあいだに体の構造を作り変えてしまう「完全変態」という成長システムです。

この「完全変態」のグループに属する現生の昆虫は、およそ80%が「貧翅群」に分類されています。