白鳥が渡りをする時の飛行高度は、約6,000フィートと言われています。1フィートはおよそ0.3メートルですから、白鳥はおよそ1,800メートルの上空を飛行していることになります。

この環境が、白鳥にとってどの程度のものなのか確認してみました。

《6,000m上空を飛行する白鳥の身体への影響》

(1)気温と空気密度

気温は高度1,000フィート毎に-2℃低下しますので、6,000フィートの場合は、地上の気温よりも12℃低くなり、空気密度は60mmHg低下します。

(2)気圧の低下に伴う血液の沸点

高度が高くなって気圧が低下した時には血液の沸点も低くなります。白鳥の体温を40℃とすると、白鳥の血液が沸点に達する高度は、57,900フィートになります。

従って、6000フィートの環境は、白鳥の環境適応能力を考えると、かなり余裕がある高度だと思います。

白鳥が6,000フィート前後を飛行するのは、大きな揚力を得ることのできる空気密度があって、体温への影響もでない高度として、6,000フィート前後を選んでいるものと思われます。

《鳥類の高度飛行記録》

1953年にイギリスの登山隊がエベレスト(チョモランマ)の登頂に成功した時、頂上付近(8,830m)で「キバシガラス」の群を観察しています。

1976年に日本のマナスル登山隊は、7,000m付近をツルの群がV字編隊で飛んでいるのを目撃しています。

8,000m付近の気温は、-40℃程度で、猛烈な偏西風が吹いていて飛行機でも極めて危険といわれている条件になります。目撃されたツルは「アネハヅル」という種で、モンゴル付近で繁殖し、ヒマラヤを超えてインド周辺で越冬する鳥でした。

上昇気流を利用して高度を上げてから一気に8,000mクラスの山脈を超えるそうです。鳥にしかない羽毛や、気嚢(きのう)を備えた呼吸器系の酸素供給能力の高さなどが、このような驚異的な能力を生み出しているのです。