子供の頃、「ファーブル昆虫記」でコガネムシが逆立ちして一生懸命丸い糞を転がしている姿を見て興奮しました。

この虫は、タマオシコガネという昆虫です。タマオシコガネはシャベルのような特殊な頭部前縁を使って、牛糞等から糞玉を作り、穴まで運んでからゆっくり食べます。

糞玉は、育児用としても用いられています。

私が子供の頃、殆どの男の子は、面白いものの代表としてウンチが好きでした。(嫌いな子供もいますが、大人の世界でタブーとして扱われているウンチには興味を持っていました)

そして、多くの子供(男の子)はコガネムシも好きでした。私は、コガネムシが糞を転がしている構図には大変驚きました。本当に昆虫は面白いと思いました。

コガネムシのような糞虫は、糞の中に産卵します、そして卵から孵化した糞中の幼虫は、周りにある糞を餌にして成長します。全く、無駄がない合理的な生き物ですね。

次に、子供達から羨望のまなざしで見られていた糞ころがし昆虫(糞虫)の、育児巣を紹介します。

育児用の糞玉

実は、多くの糞虫(糞ころがし昆虫の仲間)は、糞玉を作らないで糞の中に直接産卵するそうです。これでは興味半減ですが、仕方がありません。

日本にいるダイコクコガネは、残念ですが糞玉をころがすことはしません。但し、糞玉を作って、その中に産卵します。

コガネムシの種類によって、育児のための巣のタイプは異なります。次にそれらを紹介します。

(A)糞ころがしタイプ・・・ティフォンタマオシコガネ、マメダルマコガネ等
糞を切り出して、糞玉を作り、逆立ちして後ろ脚ではさんで転がします。適当な場所に運んだら、糞玉の中に産卵して、糞玉を地中にうめます。

(B)糞内に巣を作るタイプ・・・カクガタタマオシコガネ
糞の塊の中に大きめの空洞を作ります。そして、空洞の中に糞玉を作って設置します。糞玉には、卵を産み付けます。

(C)糞下部の地面に穴を掘って、そこに糞を詰め込むタイプ・・・センチコガネ、
ツノコガネ、コブマルエンマコガネ、ダイコクコガネ等
このタイプには、穴形状に沿って詰め込んだ糞の中に、そのまま産卵するものと、穴に詰め込む糞を糞玉に加工してから行うものがいます。糞玉には、1つずつ産卵します。

(D)糞塊内または、糞塊下の地面に産卵するタイプ・・・マグソコガネの類
このタイプの孵化した幼虫は、糞の内部を動き回って糞を食べて成長します。

糞虫が利用する糞

糞ころがし等の糞虫が利用する糞は、大型の草食動物(象、牛、馬)の他、雑食動物の犬やサルのものなど、種類は問わないようです。

尚、地下に生息して糞を食べる虫には、モグラやミミズの糞を利用するものもいます。

ダイコクコガネの巣作りと子育ての概要

日本の放牧地などの草地環境に生息しているダイコクコガネの巣作りは、牛糞等の下で、こっそり行われます。糞下の地面に穴を掘って作業するため、目にすることはできません。(残念です)

夜になると、オスとメスのダイコクコガネは、糞の下に潜り込み、2匹で糞下の地面に細長い縦穴を掘ります。その先の地下30㎝ぐらいのところに少し広い空洞の巣穴が作ります。(尚、多くのオスは、この作業の途中でどこかに行ってしまうようです)

メスは、縦穴を往復して、巣穴に糞を運びこみ、それをソーセージ状に固めます。次に、へら状の頭部でソーセージ状の糞を切り取り、楕円形の糞玉に加工します。

産卵は、糞玉の上部に穴をあけて、細長い卵を1つ産み、最後に穴を塞ぎます。

これが済むと、ソーセージ状の糞から、糞を切り取って、同様の作業と産卵を続けます。そして、合計5個程の糞玉を作ります。

その後、糞玉内で孵化した幼虫は、糞玉の内部を食べて成長しますが、さなぎの状態で越冬します。越冬の間はメスも巣穴に留まります。

越冬したさなぎは、初夏になると羽化して成虫になります。