身近にいる「サムライアリ」の不思議な生き方

サムライアリは、特殊な生態の有名なアリですが、私たちの身近にいるアリです。日本の各地にいて東京にだっています。

アリは、イソップ物語のアリとキリギリスのお話に代表されるように、働き者として尊敬されています。

そんなアリの中でも、自分では何もできなくて、他のアリ(クロヤマアリ等)に世話をしてもらわないと生活することのできないアリが、勇ましい名前を持っている「サムライアリ」です。

「サムライアリ」は、自分で餌を食べることすらできないのです(餌は奴隷のアリから口移しでもらいます)。

働き者の代表と言われているアリの世界に、こんなアリがいるのは何とも不思議です。

しかも、アリの生き方が嫌になった特別なひねくれ者という訳ではなく、アリの中の1種族として社会を形成しているのですから人生観が変わってしまう程です。

「サムライアリ」の女王による巣の乗っ取り方法

サムライアリの女王も、普通の女王アリがするような巣作りをしません。

そのため、結婚飛行を終えたサムライアリの女王は、クロヤマアリ等の巣を乗っ取ることで種族を増やそうと考えます(7月〜8月頃)。

その方法は、クロヤマアリの巣を見つけると、巣穴に侵入して、クロヤマアリの女王を噛み殺すことから始めます。

数日間は、侵入した女王アリから出る匂い(フェロモン)が異なるために、クロヤマアリの働きアリたちから執拗な攻撃をされますが、殺したクロヤマアリの女王の匂いを自分の体に付けるなどするためか(?)、クロヤマアリは、やがて侵入してきたアリを自分たちの女王アリとして世話をし始めます。

サムライアリの女王は、巣を乗っ取ると、クロヤマアリの働きアリから手厚い世話を受けて、卵を産み続けます。生まれてくるのは、サムライアリの卵ですが、クロヤマアリは彼らの面倒をみて成長を助けます。

サムライアリたちが働く時

サムライアリの女王が巣の乗っ取りに成功して、暫くすると、サムライアリは次々に生まれてきて数を増やしますが、サムライアリは自分では、何もすることができません。(生活能力がないのですから)

その上、時と共に世話をしてくれるクロヤマアリの数は減ってしまいます。このままでは、役立たずのサムライアリばかりになってしまいます。

そんな時、今まで何もしなかったサムライアリの働きアリたちは、一斉に巣の外に出てきて集団を作ります。

そして、暫くすると特定の方向に向かって行進を始めます。その目的は、他のクロヤマアリの巣から、卵、幼虫や蛹(さなぎ)を略奪するためです。

クロヤマアリの巣から卵などをくわえて出てくる、サムライアリの動きは俊敏で、この時だけは、とても何もできないアリとは思えないような活躍をします。

この一連の行動は「サムライアリの奴隷狩り」と言われるものです。

サムライアリが巣に持ち帰ったクロヤマアリの卵などは、クロヤマアリの世話で成長して、やがてサムライアリ達の奴隷として働くことになります。

サムライアリの働きアリの仕事は、以上のように、他のコロニーからの略奪行為をすることでした。何とも情けない話ですが、統制のとれた集団生活をしているアリの概念が変わってしまいそうです。

敵と味方を区別する匂い

アリは、同じ種でも、コロニー(巣)ごとに匂いで区分けされています。そのため、同じ種のアリでも巣が違うと争います。

そんな社会で奴隷として連れて来られたアリが、敵として認識されないのは何故でしょうか?

基本的に同じ巣のアリは、全て女王の匂いを付けられます。そのため、コロニー内のアリは全て同じ匂いになって仲間として認識しています。

しかし、まだ卵や幼虫、蛹には匂いがつけられていません。そのために他の巣から捕獲されて連れて来られても、奴隷として働くクロヤマアリたちに、そのまま受け入れられるのです。

「サムライアリ」の生き方についての感想

「サムライアリ」は、奴隷アリに世話をしてもらわないと何もできないアリです。でも深じっくり考えてみると何故か哀しくなります。

「サムライアリ」という命名にも、もの悲しさがつきまといます。

そもそも勤勉で真面目を象徴するアリに、このような生き方をする種がいることに驚きを隠せません。増々、アリの世界に興味が湧いてきてしまいました。

勤勉・真面目、ということだけが良い人生とは限らないということを、教えてもらったような気もします。