花はとても綺麗で人の心を魅了してくれますが、植物にとっては、花は子孫を繁栄させるための重要な役目を担っていて、花が散ると種子をつけます。

花を咲かせる植物は、花に集まってくる小さな動物たちと共存することで受粉をすることができます。そして子孫を繁栄するために種子を実らせるのですが、芽が出てから種子を実らせるプロセスや期間は、植物の種類によって様々です。

植物学者たちは、発芽した植物がどのような過程で成長していくのかを整理するため、判りやすい名称をつけて分類しています。

この植物の分類名称の意味を理解すると、花を咲かせる植物についての生涯を比較的簡単につかむことができますので、その内容をまとめてみました。

一年草とは?

まずは、判りやすい一年草から紹介します。一年草は、発芽した年に開花する植物のことを指しています。

一年草は、春に芽をだすと、夏か秋には花を咲かせ、受粉すると実をつける植物です。稲、麦などは直ぐに思い浮かぶと思います。身近な花では、アサガオ、ヒマワリなどが該当しています。

これらの植物は、実をつけると種子の状態で越冬します。種子の状態は、いわば休眠状態ですから、寒くて厳しい冬でも苦労しないで乗り越えることができるのです。(余談ですが、種子は乾燥状態なら何年でも、その状態を維持できそうです。種子には遠い将来の世界を見ることもできそうです。人間も、そんなことができたら凄いですね!)

越年草とは?

これに分類される植物は芽が出てから1年以内に花を咲かせるもので、所謂、1年草のようなものですが、秋に発芽するために、花を咲かせるのは冬を越した春から初夏ごろになってしまう植物のことです。

越年草は、スイートピーやヤグルマギクなどが該当します。

彼らは、厳寒の冬を乗り切るため、寒い風を受けにくいようにできるだけ地面にひれ伏すようにして葉をつけて過ごします。このように、地面にひれ伏して葉をつけている植物の生育型を「ロゼット」と呼んでいます。

冬に河川敷を散歩すると、地面にへばりつくような背丈の低いタンポポをみることがありますが、まさに、このタンポポは「ロゼット」状態で生育しています。

二年草とは?

二年草は、春に芽をだしても、その年には花を咲かせないで、ひたすら成長に専念して、翌年の春に花を咲かせる植物のことです。ダイコンは二年草です。

多年草とは?

多年草は、芽をだしてから3年以上経過しないと花が咲かないものですが、冬になると地上部は枯れてしまうものです。つまり、草に分類される「草本性(そうほんせい)」植物のことを言います。

多年草は、球根やイモを地下で越冬させるタイプの植物になります。チューリップやユリ等が該当しています。

これに対して、木になる「木本性(もくほんせい)」植物は、芽がでてから花が咲くようになるには相当の年月をかけて成長します。

特に、“もも・くり、3年、柿、8年”というように果樹類は、信じられない程の年月をかけて実を結ぶようになります。

このように、植物たちも長い月日をかけて栄養を蓄えることで、やっと結実することができるのですね。少しぐらいのことでへこたれてはいられません!
私も植物たちを見習って頑張ります。