地球上で開花まで最も期間を要する植物は?

発芽から開花するまでに3年以上かかる多年草には、チューリップやユリの仲間の球根を持つ植物があります。これらは冬になると地上にでている部分は枯れてしまう「草本性(そうほんせい)」植物ですが、

柿(8年)や栗(3年)等の「木本性(もくほんせい)」植物は、開花までには最低3年以上かかります。

発芽から3年でも長いと感じてしまいますが、植物の中で開花するまでの期間が長いものにはどんなものがあるのでしょうか?

花がさくまでに長期間かかる日本の植物

その植物は竹です。竹はタケノコの成長が速いため、ちょっと想像もできませんでしたが、実は竹の花は長い年月をかけないと咲きません。

竹の仲間は熱帯地域から温帯地域に多くの種が分布しています。日本は温帯地域に該当していて数多くの種があります。そして日本の竹の多くは、花が咲くまで、40年~120年もかかると言われています。

しかも、竹の仲間は一度開花結実すると枯れて死んでしまいます。このような植物のことは「一回結実性植物」や「一念性植物」と呼ばれます。

日本の木年生植物は、開花までの期間に数年間を要しますが、リンゴや桃などのように一度開花すると、翌年からは毎年花が咲き続けて収穫できます。

但し、リンゴや桃の木と違って、竹の仲間は花が咲かなくても、地下茎から芽をだしてタケノコは収穫できましたね!

そういえば、昨年ニュースで竹の花が咲いたことを報道していましたが、この時は、興味が無かったため、しっかり観ていませんでした。本当に残念です。

日本にある外国産植物で開花までの期間が長いもの

外国産の植物で開花期間が長いものは、リュウゼツランの仲間が知られています。この種類のランはアメリカ大陸の乾燥地域に生育しているものですが、日本でも関東以西の暖かい地域では、路地でも成長することができます。

筑波実験植物園にあるリュウゼツランは、ある日突然太い花茎が伸びてきて3週間ほどで3m~4mの高さにまで成長して、多くの白い花を咲かせましたが、花が散ると枯れてしまいました。竹と同じく一念性植物でした。

リュウゼツランの本体は枯れてしまいましたが、この植物にも地下茎はあって、日が経ってから、枯れた場所から離れた所に芽生えてきたそうです。

このリュウゼツランの仲間は、英語では「センチュリー・プランツ(一世紀の植物)」と呼ばれていて、開花までの期間は最長で100年と言われています。(但し、10年~20年で開花するという説もあるようです)

開花までの期間が世界最長の植物

南米のペルーとボリビアの乾燥した地域に生育しているパイナップル科で、「プヤ・ライモンディー」と呼ばれている植物が、世界中で開花までの期間が最も長いものです。

「プヤ・ライモンディー」は、固くて細長い多肉質の葉をもじゃもじゃと多数伸ばしています。花茎は、本体の中心付近から出てきますが、直径60㎝程で高さは最大10mにも成長します。

花は、ちょっと緑色の白い花を無数に付けて、1週間から1ヶ月ほど咲いていますが、一念性植物のため、花が散ると本体は枯れてしまいます。

ちなみに「プヤ・ライモンディー」は、発芽から開花までの期間が、80年~150年と言われています。つまり、地球上で花をつける植物の中では、最も遅咲きの花になります。

しかし、ここまで年数がかかってしまうと、それを確かめるのも大変ですね!