中世のオランダは海洋貿易が成功して経済大国として世界の中心でした。

そのため市民は潤い、人々は欲しいものには、躊躇なくお金を出して手に入る風潮がありました。

そんな時に、中近東に分布していた野生のチューリップがヨーロッパに運ばれて、トルコでは品種改良した園芸種が育てられました。(16世紀の頃)

経済大国だったオランダが、チューリップバブルではじけてしまった経緯

チューリップが景気の良いオランダに伝わると、美しさが評判になるだけではなく、豊かさの象徴として売買されるようになってしまいました。

オランダには資産を蓄えた人々が大勢いいたため、投棄の対象として競うようにチューリップの球根(バブル)が買い求められたからです。

投棄目的になってしまったチューリップの球根(バブル)は、園芸に興味がない人々からも注文されるようになっていました。

そして、実際に育てられている球根(バブル)よりも、取引量は多くなっていました。まさに実体のない泡のバブルになっていたようです。

投棄目的で売買される球根(バブル)の値段は高騰してしまい、球根1個が家の値段ぐらいにもなっていました。そうなると高すぎて買えなくなり、購入する人が少なくなってきます。

そうすると、一気に暴落が始まり財産を失う人々が正気を取り戻します。しかし、気づいた時には手遅れです。バブルが弾けたオランダの経済は一気に冷え込んでしまいます。

まさに球根(バブル)が実体のない泡(バブル)のような景気を引き起こしていたのです。
これが、最初のバブルと言われています。

その後のオランダの景気は冷え込んで、世界経済の中心はイギリスに移っていきました。

それにしても、オランダでチューリップの人気が高まったのは、その美しさがきっかけです。そのきっかけになったチューリップはどんな花だったのでしょうか?

オランダにバブルをもたらしたチューリップの花

中世のオランダでバブルをもたらし、世界の歴史を変えてしまう程のチューリップの花は、どんなに魅力的なものだったのでしょうか?

驚いたことに、その花は病気で生まれたものでした。

そのチューリップの花は赤い花びらの一部が白い縞模様をしているもので、栽培の過程で突然現れるために、希少なものでした。(数が少ないために値段は高騰しました)

後に判ったことですが、この縞模様は、アブラムシが媒介したウィルス病によってもたらされたものでした。

原因を知ってしまうとばかばかしくなりますが、バブルをもたらすものは、そのものの価値だけではなくて、手に入りにくいものという要素が大きかったのです。

尚、その病気にかかっていたチューリップの名前はブロークンというものでした。

これらを調べる過程で、球根を意味する(バブル)とバブルの発端となったチューリップの名前が「ブロークン(破壊)」ということに気が付いた時には、あまりにも皮肉な現実に驚かされました。

私も子供の頃は、チューリップの花は一番のお気に入りで、小学校の花壇などに植えられている花を見るのが楽しみでしたが、大人になるとあまりにもポピュラーなチューリップに飽きてきてしまいました。人の気持ちはふらふらと移ろいでいきます。

人は、珍しいものに心を惹かれるようです。しかし、本質的に価値のあるものかどうかを、しっかり見定める技量は大切ですね。(改めて気づかされました)