河川敷を散歩している時に可憐できれいな花を見つけるようになってからは、とても花に興味を持つようになりました。

花に興味が湧いてきてからは、花の名前を知りたくなり、さらにその花について詳しく調べたくなりました。しかし、細切れの情報ばかりをかじっていると、植物の全体像も知りたくなります。

ところが、植物のことを調べようとすると、あまりにも細かくて、どこから入っていいのかもわからなくなります。そこで作戦を変えて、ほんの少しずつ大雑把な分類から情報を仕入れていくことにしました。

私の性格は、一つのことに集中すると、のめり込んで没頭する癖がありますが、逆にあっという間にあきてしまうこともあるため、細切れの情報を仕入れたら、時々は植物体系などで確認することで補うことで、繋がった知識(情報)になるようにしようという作戦です。

今回は、植物体系を俯瞰(ふかん)する意味で大雑把な分類を調べてまとめてみました。

植物の分類体系(大雑把な分け方)

植物の分類をする場合には、最も大きな区分けとして、基本的な繁殖手段として種子を作るものと、種子を作らないで繁殖する植物に分けられます。簡単な分類体系図を下記します。

基本的な繁殖方法として種子を作るグループのことを「顕花植物(けんかしょくぶつ)」、そして種子を作らないで繁殖するグループを「隠花植物(いんかしょくぶつ)」と呼んで分類しています。

顕花植物(けんかしょくぶつ)

顕花植物は、基本的な繁殖方法として種子を作るグループのことです。(ここで、“基本的な繁殖方法“と言っているのは、繁殖方法は一つには限らないからです。)

尚、種子(果実)の元を作るのは花です。つまり多くの人が魅せられる「花」という器官を持っているのは顕花植物の最大の特徴です。

顕花植物は、現在確認されているだけでおよそ25万種もあると言われています。これらの他に、人が改良して生まれた野菜・花卉(かき)・作物・果実等を含めると100万種にもなるようです。

被子植物と裸子植物

顕花植物の中は、被子植物と裸子植物に分けられます。

被子植物の特徴は、種子になる胚珠(はいしゅ)と呼ばれる部分が皮で覆われて見えない構造をしています。外部からは見えませんが基本的な構成は、がく片・花弁・雄しべ・雌しべの器官で作られています。

裸子植物は、種子の元になる胚珠が完全に見えているものや、隙間などから見えるものです。裸子植物には、マツ・イチョウ・ソテツなどがあります。

双子葉植物と単子葉植物

被子植物は、さらに双子葉植物と単子葉植物に分類されています。

これらの分類は、発芽した若葉が基本的に2枚(双葉)のものを双子葉植物、1枚(単葉)のものを単子葉植物として分けています。

単子葉植物は、イネ・ラン・アヤメ・ユリなどです。双子葉植物は、大豆・ブナなどですが、双子葉植物は、さらに分類されているため次に紹介します。

双子葉植物と単子葉植物

双子葉植物は、花びらが合体したグループ「合弁花類(ごうべんかるい)」と花びらが、1枚ずつ離れているもの「離弁花類(りべんかるい)」に分けられています。

判りやすい花で言うと合弁花類は「菊」、離弁花類には「さくら」があります。

隠花植物(いんかしょくぶつ)

種子を作らないで繁殖するグループのことを隠花植物と呼んでいて、コケ類、シダ類、そして藻類等が該当します。

以上が、植物を大雑把に分けた分類です。最初はとっつきにくいと思いましたが、少しだけ我慢して見るうちに、分類用語を見るだけで、その内容が判るようになっていました。(植物学者の先生方に感謝します)

そういえば

昔、授業で生物の先生が顕花植物は喧嘩しているのではないよ!

とか

双子葉植物の発音で、ダジャレを飛ばしている姿を思い出しました。

もっと早くから面白さに気づくことができていれば、今頃は「花の趣味」の達人になっていたかな~、なんて考えてしまいます。

私は、昔から現実とかけ離れたところで、空想にふけるのが好きです。機会をみつけて、私という人間を分類してみるのも面白いかもしれません。でも誰の役にも立ちそうにないので止めておきます。