花々は競って綺麗な花を咲かせてくれます。

それは、自由に動き回ることのできない植物たちが、ポリネータ(小さな虫等)に受粉をしてもらうための智慧です。

何故かは判りませんが、多くの生物は近親間の交配では正常な子孫を残しにくいからです。当然、この原則は植物にも当てはまります。

しかし、植物は小さな虫たちが来てくれなければ、受粉できないこともあります。そのため、自家受粉というシステムを持っている花もあります。

今回は、自家受粉をする、開かずの花について纏めてみました。

閉鎖花の特別な任務

散歩などに出かけた時に
野に咲く、小さなスミレの花を見つけると、こんな所に健気に咲いてくれて有難うと、声に出して叫びたくなるほど心を動かされます。

彼らは、ポリネータのマルハナバチなどが来てくれるように精いっぱい可憐な花を咲かせているのですが、

しかし、マルハナバチが飛んで来てくれる保障はなく、また、場合によっては来てくれたマルハナバチが、他のスミレの花粉を付着させていない場合もあります。

そんな時に備えて、スミレ等は自家受粉(じかじゅふん)をする機構を備えています。

開花したスミレの花の周辺を詳しく観察すると、これから花になるような蕾があります。多分、それは決して花を咲かせることのない「閉鎖花(へいさか)」だと思います。

この閉鎖花は、自家受粉をする機構の花です。スミレ等は、可憐な花を咲かせた後に、次々に閉鎖花をつけて子孫を残す準備をするのです。

もちろん、植物にとっても自家受粉は正常な子孫を作れないというリスクもありますが、閉鎖花は、確実に子孫(種)を残すための大切な任務を担っていたのです。

閉鎖花の内部構造とメリット

閉鎖花は決して開花しないために、蕾の状態のままで実を付けます。

その閉鎖花の内側を見ると、普通の花になるための準備をしているように見えますが、大きく違っているのは、
おしべの葯(やく)がめしべの柱頭と接触していることです。

そのため、確実に受粉して種子を作ることができます。

このように自分の花粉を受粉することで種をつくる繁殖のしかたは、「自殖(じしょく)」と呼ばれています。

日本で見ることのできる閉鎖花には、スミレの他にも、ホトケノザ・ツリフネソウ・タツナミソウ等、多くの仲間があります。

こんな見方をして花たちを観察すると別の楽しみも増えると思います。

花を開かない花のメリット

花を開かない花(閉鎖花)は、人からみると何だか可哀想に見えてしまいますが、実は植物にとっては大きなメリットがあります。

閉鎖花のメリット

多くの花粉を準備しなくて済みます
蜜を出さなくて済みます
花弁を作らなくて済みます
つまり、閉鎖花は低エネルギーで、子孫の種子を作ることができるという大きなメリットがあります。

私が花に興味を持っていなかった時には、まさか、動くことのできない植物たちが、子孫を残すためにこんなにもすごいことを考えて対応していたなんて思ってもいませんでした。

NHKの大河ドラマのイントロで流れる画面は、植物がまるで動物のように動く様を見せてくれています。植物と動物は時間の単位さえ調節すれば、同じようなものなのかもしれません。

今回の、閉鎖花のこともそうですが、植物についての色々な情報は、私にとっては知らない事ばかりで本当に新鮮です。