人から見ると、チョウは美しい羽根を持っていて、飛んでいる時にはとても目立ちます。しかも、ひらひらと優雅に飛んでいます。

チョウを捕食する鳥等から見たら、
目立つし、
早く飛べないので、
楽に捕まえることのできる獲物
に見えると思います。

もちろん、鳥や昆虫から見るのと、人の目では違って見えると思いますが、チョウの美しさは、あまりにも目立ちすぎではないかと思います。

チョウは、捕食者が多くて、とても危険な自然界で、
何故、それ程美しくして目立つ必要があるのでしょうか?

チョウが美しい羽根を持つ理由

マダラチョウ類というタテハチョウ科のチョウは、幼虫時代に毒のある植物を食べて体にため込んでいます。

このチョウは、わざと色鮮やかな目立つ姿をして捕食者に毒を持っていることをアピールしています。

このように捕食者に対する警告色として、美しくして目立つ羽根を持つチョウの行動は理解できます。
しかし、多くのチョウについては、目立つ姿をする理由が判っていません。

もちろん、研究者たちは新しい観察結果やデータが出れば、何故そうなるのかを想定(仮定)して、それを実証しようと試みます。

例えば
「雄に比べると雌のチョウは明らかに地味」というケースでは、次のようなことが想定されます。

■雌は産卵に専念するため、捕食者に判るように雄を目立たせている(おとり論?)
■雌を獲得する手段として、雄は美しい羽根を持っている(優性遺伝論?)
■雄は縄張り争いをするため、お互いに認識しやすくするために目立つ(目印論?)
「注.上記の(~論?)という名称は、私が勝手に記載したものです。」

研究者は、これらの想定を実証するため、他の観測データなどを総動員して確認しますが、実証するのは非常に難しくて憶測の領域を出ません。

但し「毒のあるチョウからの警告」のケースは状況証拠などから間違いないと言えるようです。

さて、鳥の場合はどうでしょうか?

鳥も美しい雄に対して、質素な雌が多く、
その理由を、「優位性のある子孫を残すために、雄同士が美しさで競っている」と説明しています。

この説明は、既に定着していて、自然をテーマにしたTV番組などでも、その趣旨にそって説明されていますが、個人的には常々「腑に落ちない」と思っていました。

尚、この説明が間違っているなどと言うつもりはありません。本当は、まだ私の知識が追い付いていないだけだと思っていますので、継続して調べるつもりです。

今回、チョウの美しい羽根の理由を調べましたが、昆虫の研究者でも確認できていないという見解があって、とてもすっきりしました。

自然界の生き物の研究は進歩していますが、知りたいという人々の都合を優先して結論を急ぐ必要はないと思います。

昆虫たちの姿や形の意味を、人間の尺度で理解したいという気持ちはありますが、判らないことがあるので昆虫観察は楽しいということもあると思います。