多くの鳥がツガイで子育てをする理由

鳥の子育てのイメージは、ツバメに代表されるように夫婦2羽のツガイで行っているという印象があります。

スズメやツル、ハクチョウ、フクロウなどの子育てを映像で見ることがありますが、実に微笑ましいものです。

動物界全体をみても、鳥を除くと、雌雄1匹ずつで特定の期間にツガイ関係で生活するのは稀だということが判りました。

人間が属している哺乳動物でさえも、犬の仲間やサルの仲間の一部はツガイですが、全体では、数%程度がツガイになるだけでした。

ちなみに、鳥の仲間は全体の90%程が、特定の期間にツガイですごすそうです。

鳥が一定期間ツガイですごす理由

鳥に興味がある人には、この理由は何となく判ると思います。
皆さんが想像したように、鳥は卵を産んで子育てをするからです。

卵は一定期間、抱卵して温め続けなければなりません。そして、生まれてきたヒナには餌を与えなければなりませんが、生まれたばかりのヒナは体温維持をすることもできないため、雌の親鳥だけでは餌を探しにいくこともできません。

変温動物の昆虫や、魚などの卵は、産んでしまえば自分たちの力でふ化して成長していきますが、鳥は一定期間抱卵しないとふ化することもできないのです。

そして、卵から出てきたヒナは、目もあいていないし、羽毛も生えていないため体温維持もできないのです。

そんな状態のヒナを放置して、雌だけに子育てをお願いしていたら、子孫は繁栄できません。

多くの鳥が、子育ての一定期間にツガイで過ごす理由は、子孫繁栄のためでした。

どうしても夫婦のツガイが協力して子育てをしなければならなかったからです。

鳥の育児の分担(雄の役割)

鳥類では、90%もの雄が、雌とともに育児の分担をしていますが、その役割は、鳥の種類によって大きく違っていました。

■巣作り、抱卵、ヒナへの餌やり

ハト、サギ、キツツキ、カワセミ、サンコウチョウ等の雄は、巣作り、抱卵、ヒナへの餌やりまでの一連の役割を分担しています。(もちろん、例外もいます)

■巣作り、ヒナへの餌やり(雄は抱卵しない)

このグループの鳥はハシボソガラス、ハシブトガラス等です。一連の子育てには参加していますが、抱卵するのは雌だけでした。

これ以外にも、雄の役割が違うものは様々です。

巣作りはしないが抱卵とヒナへの餌やりを分担する雄鳥や、ヒナへの餌やりだけに参加する雄鳥もいます。

ハクチョウには、ツガイで全てを行い、子供の教育まで夫婦で行う種類もいますが、ハクチョウも種類によって様々です。ハクチョウの一部の種の雄は、抱卵をしないものもいます。

このように鳥の種類によって、雄の子育ての役割は大きく違っていました。