最近のDNA判定技術には目を見張るものがあります。昆虫の研究にもDNA分析技術が使われていて、新種の判定や、進化の分類などで活用されています。

2001年にオーストラリア東岸沖の島で発見された「ナナフシ」が、最近のDNA判定技術により、1918年に絶滅した品種であることが証明されました。調査したのは、沖縄科学技術大学院大学などです。

この「ナナフシ」は、絶滅した品種とは形が違うため進歩したDNA判定技術がなくては特定出来ませんでした。次に経緯などについて紹介します。

1918年に絶滅した「ナナフシ」が棲んでいた島

今から、100年前の1918年に絶滅したナナフシは「ロードハウナナフシ」と呼ばれる体長15㎝程の昆虫で、オーストラリアの東岸沖600km程の島に生息していました。

この島は、ロード・ハウ島と呼ばれる火山でできた島ですが、15平方キロメートルの面積があり、350名の住民もいました。

この島で生息していた「ロードハウナナフシ」は、難破船等に潜んでいたクマネズミが島に上陸したことで、1918年に絶滅したと考えられています。

ところが、2001年にロード・ハウ島から20km程離れた、「ボールズ・ピラミッド」と呼ばれる島で「ロードハウナナフシ」のようなナナフシが発見されました。

「ボールズ・ピラミッド」という島は、海中から突き出しているような奇妙なピラミッドのような形をしていて、最高地点は標高562mですが、幅は最大でも1kmしかありません。楯状火山の一部だったようです。

2001年に「ロードハウナナフシ」と思われる昆虫が発見されたため、2003年に調査隊が編成されて、ボールズ・ピラミッドの断崖絶壁上の調査が行われました。

ボールズ・ピラミッド島で捕獲された「ナナフシ」

調査隊は何とか断崖をよじ登って、「ロードハウナナフシ」と思われる昆虫(雌雄一対)の捕獲に成功しました。雄と雌を捕獲した理由は、繁殖(はんしょく)を目論んだためです。

捕獲した「ナナフシ」は、ロード・ハウ島の博物館に収蔵されている「ロードハウナナフシ」の標本に比べると、がっしりした体形で雄の脚のトゲも大きかったため、絶滅した品種なのか、別の品種なのかの区別がつきませんでした。

ボールズ・ピラミッド島で捕獲された「ナナフシ」のDNA鑑定

ボールズ・ピラミッド島で捕獲した「ナナフシ」が絶滅した「ロードハウナナフシ」なのかの判定は、採取したナナフシから生まれた子供のDNAと、ロード・ハウ島の博物館にある標本を比較する必要がありました。(何故、子供のDNAとの比較が必要なのかは、別途調べる予定です)

ところが標本のDNAは時間の経過とともに劣化してしまうため、2003年当時の解析技術では判定出来ませんでした。

最近になって、古い標本のDNA解析が可能になり、2017年10月5日付「Current Biology」誌のオンライン版に、「ナナフシ」のDNA判定結果が報告されました。

■DNA解析結果

DNA調査の結果、両社の相違は1%未満と判定され、ボールズ・ピラミッド島で採取された昆虫は、絶滅したとされていた「ロードハウナナフシ」であることが確認されました。

この結果を受けたオーストラリア政府は、2018年に「ロード・ハウ島」にいるネズミ類を一掃して、「ロードハウナナフシ」の子孫を復活させる計画をたてています。

本事例で判ったこと

■博物館の保管サンプルは、DNA判定の際、比較品として活用される。
■DNA解析技術の進歩によって、判らなかった事柄が解明できるようになった。
■意図しなくても、難破船等から動物が他の島に渡ってしまう影響の怖さ。