11月に咲いていたとても美しい花たち

実家の片隅に咲いていた花を2つ程紹介します。1つ目の花は、清楚(せいそ)な紫色の小さな花です。この花は、10㎝ぐらいの背丈の植物ですが11月の冷たい風が辛そうに見えました。

2つ目の花は、眩い(まばゆい)黄色の花の周囲に白色の花びらがついていて、11月の日差しをいっぱいに受けて誇らしげに咲いていました。背丈は40~50㎝ぐらいの植物です。

私は、花の名前を知らないため、花名を調べるところから始めました。(もしも間違っていたらお許し下さい)

イワギキョウ


この花は、花名を確認するのに苦労しました。多分イワギキョウという花だと思います。

咲いていたのは、実家の庭の端っこの方で梅の木のした付近で石ころがゴロゴロした日当たりの良い場所です。数㎝の大きさで、紫色の花はホタルブクロのような形状をしています。

この花を探すと、似ているような花はいっぱいでてきますが、これだという花には簡単にはたどり着けませんでした。

一番ネックになったのが、実家の庭で咲いていたのが11月だったからです。イワギキョウは、高山の岩場などで、7月~8月ごろに咲く花です。

イワギキョウに似ている花には、チシマギキョウがあります。チシマギキョウの花には繊毛(せんもう)がありますが、庭の花には繊毛はありません。

その他にも、オガワギキョウやサラガミネギキョウなどが似ていますが、やはり決め手に欠けます。これらの花は、チシマギキョウと他の花との交配種のためか、花に繊毛のようなものがあります。

もう一つ、モモバギキョウという花があります。これは、とてもよく似ていて、花には繊毛はなく、しかも耐寒性に優れているようです。但し、草丈は30㎝~100㎝と大きいため候補から外しました。

尚、これらの花は、カンパニュラの仲間で、ギリシャ神話では金のリンゴを守るニンフとして知られているものです。そして、カンパニュラの花の形は古代の鏡に似ていて、英語では、ビーナスの姿見と呼ばれています。

それ程までに美しい花の仲間ですから、多くの愛好家によって様々な交配種が誕生しても不思議ではありません。

実家の庭に咲いていたのはイワギキョウと他の花の交配種なのかもしれません。

ハナイソギク


この花は、実家の花壇の中で、11月の眩(まぶ)しい日差しを受けて、とても誇らしげに咲いていました。

黄色の筒状花(トウジョウカ)の周辺に白色の舌状花(ぜつじょうか)があります。これは、イソギクと栽培種のイエギクの異種間で交配した、交雑(こうざつ)種です。

ハナイソギクには、ハエや蜂が群がって蜜を吸いにきていて、まるで春のような明るい雰囲気が漂っていました。