カエルを木に刺す(風変わりなモズの習性)

モズという鳥は面白い習性をしています。

木の枝の先やトゲに昆虫やカエルなどが刺さっているのを見たことがある、という人はいると思います。

これはモズの仕業です。

私は子供の頃に見たことがありましたが、実家の婆さんは、庭の木にカエルが刺さっているのを見て誰がやったのだろう? 変な事をする人がいるねえと言って嫌がっていました。

それは、モズがやったと言ったら、本当なの?
と言って驚いていました。(昔の人でもあまり知らないようです)

このように獲物を木の枝などに刺して放置することを早贄(はやにえ)と言います。早贄(はやにえ)は、モズの種類にもよりますが、多くは10月から1月頃に行われています。

 

モズの早贄(はやにえ)という風変わりな習性

モズは肉食の鳥ですが、モズには捕まえた獲物を木の枝やトゲ(含む有刺鉄線)などに刺して放置する変わった習性があります。

その獲物の多くは昆虫ですが、カエルや魚、トカゲ、鳥など様々な生物が対象です。

昔の人々は、木の枝に刺さった獲物を見て、モズが秋に初めて捕まえた獲物を「いけにえ」として捧げたものだと考えたため、それを「モズの早贄(はやにえ)」と呼ぶようになったそうです。

モズが早贄(はやにえ)をする理由

モズが捕らえた獲物を木に刺して放置する理由には様々な説があります。

モズの筋力不足説

モズは小さな肉食の鳥のため、タカやワシなどに比べると筋力は落ちます。そのため、捕らえた獲物を引きちぎれないため、暫く乾燥させて獲物がもろくなるのを待っているという説です。

獲物の貯食説

モズは捕らえた獲物を保管しているという説です。ヨーロッパにいるオオモズの調査では、獲物の少ない冬季に早贄(はやにえ)が行われていて、9日以内に62%が消費されたというデータがあります。

また、セアカモズという種では、主に繁殖期に早贄(はやにえ)が行われていたという報告があります。

これらの例は、できるだけ獲物を保管することで、最も必要な時期に消費している、と考えている説です。

メスを引き付けるためという説

モズの種類によっては、早贄(はやにえ)は繁殖期だけ行うという種もいます。そのため、早贄(はやにえ)は、メスを引き寄せるために行っているという説です。

このように、モズが早贄(はやにえ)をする理由には色々な説がありますが、まだ結論には至ってはいないそうです。

モズからみれば、人が理由を考えること事態、大きなお世話と思っていることでしょう。しかし、バードウォッチングが趣味の人にとっては、大変面白いテーマです。