「カタバミ」は庭の片隅や、植物が枯れて土だけになった鉢の中、道路の端、など何処にでも生えていて昔から見慣れていましたが、名前は最近知りました。

葉は小さなハート型で、花は鮮やかな黄色ですが、小さくて控えめに感じられる花です。庭の草取りをすると何時でもあるため、まあいいかと思って抜いてしまいますが、本当は大好きな植物です。

そんなカタバミについて調べてみました。

カタバミの概要

カタバミは、カタバミ科カタバミ属の多年草ですが、駆除に困るほど生えてくるため、雑草として扱われています。

カタバミの学名は「オキザリス」で、すっぱいという意味です。これは、葉にシュウ酸が含まれているためで、噛むとすっぱい味がします。

カタバミの別名は、日本だけで180種以上があります。そんなに別名があるというのは、やはり、いつでも何処でも見かけて、しかも親しまれているからだと思います。

カタバミの葉や茎にはシュウ酸が豊富で、10円玉を磨くとぴかぴか輝くようになる、というので試してみました。(写真参照:上中心部は明るく磨かれました)

 

 

 

 

 

 

 

 

また、果実が成っていたので写真に撮りました。

この果実は、先が尖った円柱形で上を向いていますが、その理由は繁殖のためです。

果実が成熟すると、円柱形の袋は振動で弾ける仕掛けです。

円柱形の袋がはじけると果実を遠くまで弾き飛ばして、そこで繁殖します。

カタバミの特徴

カタバミの葉は、小さくて可愛いハート型をしています。

カタバミの黄色の花は、陽光に照らされていると色鮮やかで美しく輝いていますが陽がかげると、眠るように閉じてしまいます。

これは、温度や光の強さに伴って行う「就眠運動」と呼ばれるもので、花粉を夜露や雨などから守るためと言われています。

カタバミは地下に球根を持っていて、その球根の下に根をはる性質があり、横に茎を広げて育ちます。

カタバミは、しっかりと根をはって横にも広がり、しかも種子は、1m四方にも弾けて飛ぶため、どんどん繁殖するという特徴があります。

カタバミは、取ってもとっても繁殖する雑草と言われていますが、花だけでなく、ハート型の小さな葉もかわいいため愛好家は多く、園芸店では沢山の可愛い「オキザリス」が販売されています。