マムシグサという植物は、全国の里山や薄暗い林の中でみることができます。

 

まるで毒蛇が鎌首をもたげて今にも襲いかかるような風情をしているため、マムシグサと名付けられたのだと思いますが、学問的には、サトイモ科の植物です。

サトイモ科の植物の花は、仏様の台座の後光に似ているため「仏炎苞(ぶつえんほう)」と呼ばれています。

《仏炎苞(ぶつえんほう)》
仏炎苞(ぶつえんほう)は、サトイモ科の植物の花に見られる特徴です。

仏炎苞(ぶつえんほう)は、「肉穂花序(にくすいかじょ)」という小さな花が密集した花軸の後ろを囲むようにして花を保護する、苞(ほう)のことを指しています。(ミズバショウの花を思い浮かべると判りやすいと思います。)

このように、花には仏さまに関連する名称が付けられていますが、実は、マムシグサの名前のように恐ろしい面を備えた植物でした。

 

マムシグサの受粉方法

マムシグサは、雄花を持っている雄株と、雌花を持っている雌株が、それぞれ独立している植物です。

そして、受粉にはハエが寄与しています。

但し、雌花には出口がないため、受粉に貢献したハエも、マムシグサの中で死んでしまいます。

 

マムシグサの恐ろしい構造

マムシグサは、毒蛇の鎌首のような形をした仏炎苞(ぶつえんほう)が雨除けの屋根の役目をしています。そして、ハエが中に入ると光をさえぎる天井の役目もしています。

マムシグサは、ハエを呼び込むために、腐った肉の匂いを出して花の中に招きいれます。ところが、一度中に入るとハエが逆戻りできない罠(わな)のような構造になっています。(花の内側はとても滑りやすくなっています)

雄花の構造

雄花の場合には、仏炎苞(ぶつえんほう)の付け根(葉が合わさった場所)の一部に小さな隙間があります。ハエは逆戻りできませんが、ここから脱出することができるようになっています。

隙間から脱出に成功したハエは、花粉まみれになって、雌花の所に飛んでいきます。

雌花の構造

雌花には、雄花のような隙間はありません。そのため、腐った肉の匂いに誘われて花に入ったハエは、受粉に貢献しても、花の中から外に出ることは出来ません。

マムシグサは、食中植物ではないため、ハエを食べません。それなら、受粉が済んだら逃がしてあげればよいと思いますが、将来、根からの栄養が十分に摂れないようになった時の進化の過程なのかもしれません(?)。

 

マムシグサの恐ろしい毒

マムシグサは、サトイモ科の植物のため、球根は食べられそうですが、強烈なシュウ酸カルシウムの針状結晶が含まれています。そのため、食べると口内や喉まで激しい痛みに襲われます。酷くなると、心臓麻痺などで死に至ることもあります。

 

マムシグサのかわった特徴

マムシグサは、雄花と雌花が分かれている「雌雄異株(しゆういしゅ)」ですが、栄養の状態で雌雄を決められる性転換植物です。

マムシグサは、成長してから数年後に雄花をつけます。その後、さらに数年間十分に栄養を蓄積すると、雄花をやめて雌花をつけることができるようになります。

雌花をつけるようになっても栄養が不足すると、雄花に変わります。