植物のヤニが固まってできた琥珀(こはく)の中に8倍の大きさに膨らんだダニが発見されました。

この、琥珀(こはく)内には、動物の血を吸ってパンパンに膨れあがったダニと恐竜の羽毛もあったことから、ダニが恐竜の血を吸っている時に、琥珀(こはく)に閉じ込められたものと推定されています。

恐竜の血を吸ったダニの発見経緯

琥珀(こはく)は、ネバネバした樹液が長い年月をかけて固まったものです。琥珀(こはく)内は、生きていた時の姿を、そのまま残せて、しかも琥珀(こはく)は、薄い茶色のため透き通っています。

そのため、封じ込められた小さな虫等は発見しやすいし、標本を破壊しなくても解析できます。

琥珀(琥珀)内の標本は、理想的な環境で保存されたサンプルです。

昆虫学者(アメリカ自然史博物館)のデビッド・グリマルディ博士も、そんな琥珀(こはく)を求めて、私的にミャンマーの琥珀(こはく)を収集していました。

そんなコレクションを確認していた博士が、琥珀(こはく)内に、膨れ上がったダニを見つけたことが貴重な発見の発端でした。

その琥珀(こはく)内には、血を吸って膨れた8本足のダニと、血を吸われた幼い恐竜の羽毛も閉じ込められていました。(これは、ダニが恐竜の血を吸っていたという間接的な証拠です。)

恐竜とダニの関係

分析の結果、羽毛はハチドリぐらいの小さな肉食恐竜(ナノラプトル)のものと推定されています。

この小さな肉食恐竜は、樹上で生活しているタイプで、ダニに血液を吸われた直後にネバネバした樹液に捕らえられて琥珀(こはく)中で、ダニとともに保存されたものと思われます。(デビッド・グリマルディ博士談)

恐竜とダニとの関係は、今から、9900万年も前の、2つの標本の状態から博士が想像した出来事ですが、

そんなストーリーまで連想させる分析は、本当に楽しいでしょうね!(羨ましい)

尚、ダニが吸った恐竜の血液は、既に石灰化していたそうです。映画のようにDNAを復元して、恐竜を復活させることはできませんが、過去にできなかったことも技術の進化でできるようになりました。

人は、古生物も、技術の進歩で復活させてしまうだろうと考えるようになりました。

マスコミでは、AIの脅威が話題になっていますが、私は、人間という生物の能力には限界がないのではないかと思えてなりません。

何故か、9900万年も前の「恐竜の血を吸っていたダニの標本」を想像すると
意味もなく様々な連想が湧いてきてしまいました。