世界的に有名なアリたちの特徴

アリは様々な種類がいて、知れば知る程その世界の多様性に驚かされます。変わった種類のアリの習性や、個別のアリの行動についても興味はつきませんが、あまりにも複雑でアリの全体像が分からなくなってしまいます。

今回は、世界的に有名なアリを大雑把に整理することで、アリの世界を俯瞰(ふかん)してみました。

世界で有名なアリ

行動や習性が特徴的で、大きく分類する上で世界的に有名なアリには、『略奪アリ』『軍隊アリ』『ツムギアリ』『サムライアリ』『ハキリアリ』『アルゼンチンアリ』がいます。

次にこれらのアリの概略を紹介します。

『略奪アリ』

このアリは、アジア、アフリカ、オーストラリアの熱帯や亜熱帯に生息していて、ヨコヅナアリ属のアリです。通称殺し屋アリと呼ばれています。(日本では沖縄や小笠原諸島にいるヨコヅナアリのことです)

このアリは、橋を作る働きをする2.5mmぐらいの小さなサイズが最も多数を占めますが、それより大きな中型サイズのアリが狩りをします。そして、13mmの大型のアリは、隊列を守る働きをしています。

餌を採る時にはしっかり分業されていて、集団で秩序正しく行います。

コロニーは大きくて、土の中や石の下などに作られます。

『軍隊アリ』

これはサスライアリ属のアリで、サスライアリ亜科、ヒメサスライアリ亜科、グンタイアリ亜科に分類されているアリの総称です。
軍隊アリは、アフリカ・アジア・南米などの熱帯雨林地域に生息していています。軍隊アリの大きさは様々で、大型の働きアリは15mm程のサイズです(女王アリは30mm~50mm)。

軍隊アリは、女王アリを核としたコロニーを作り、特定の巣を持っていないため、餌を求めて移動し続けます。集団で移動しながら昆虫などの小動物を捕食します。

障害物を怖れずに集団で前進する様をみると恐ろしくなります。

『ツムギアリ』

ツムギアリ属は、エメラルドグリーン色のアジアツムギアリ(スマランギナ)とアフリカツムギアリ(ロンジノーダ)の2種のみの属です。

ツムギアリは10mm程の大きさで、何時も樹上で生活しています。特徴は、ツムギアリの幼虫が出す糸を使って葉をつなぎ合わせて、いくつもの球状の巣(20㎝程)を作ります。

ツムギアリは視力が良くて振動にも敏感に反応するため、巣のある木に接触すると集団で蟻酸や噛みつき攻撃を受けてしまいます。

尚、ツムギアリは、フェロモンを駆使して仲間同士の情報交換を活発に行います。

『サムライアリ』

サムライアリ属は、世界中で5種だけしかいません。

サムライアリは、他種のヤマアリなどの巣を襲って、蛹(さなぎ)などを持ち帰り、奴隷にします。サムライアリの女王は卵を産みますが、他のサムライアリは、日常生活の全てを奴隷アリにやってもらわないと生活できません。

他のアリの巣を襲撃して奴隷にする蛹(さなぎ)を持ち帰ること以外は何もできない、ちょっと寂しいアリです。

『ハキリアリ』

ハキリアリ属のアリは、熱帯地方に数10種もいますが、木の葉を切り落としてしまうため農業害虫として恐れられているアリです。

ハキリアリが持ち帰った木の葉は、口に入れてかみ砕き、吐き出して、ハキリアリが栽培しているキノコの養分にします。

ハキリアリがキノコを栽培するのは、キノコを餌として食べるからです。

小さなアリにとって、木の葉を切って持ち帰るのは大変な労働です。そのため、ハキリアリには様々なサイズのものがいて分業をしています。

16mm程の大型のアリは、巣を守ります。中型(10mm程)のアリは、木の葉を切り落として運搬します。そして、3mm程のアリは、巣の中で持ち帰った葉の細分化や、菌の培養などの仕事を担当しています。

ハキリアリが掘った巣には、多くの培養室があって、それをつなぐトンネルも整備されています。そのため、コロニーは巨大化し、大きなものでは数100万匹がすんでいるといわれています。

『アルゼンチンアリ』

アルゼンチンアリは、アルゼンチンから世界中に分布を広げているアリで、今では1兆匹も生息しているらしいと言われています。

大きさは3mm弱の小さいアリですが、すばしこくて目まぐるしく動き回ります。

攻撃性が極端に強いため、他種のアリの巣を襲って、全てを餌にしてしまうほど凶暴なアリです。

そのため、生態系への影響は大きく世界中で注目されています。