テレビ番組で見たのですが、成虫の姿のままで越冬をするトンボがいることを知りました。

日本には3種類だけで、何れも細長いタイプのイトトンボの仲間です。
普通のトンボはヤゴが水中で越冬します。

まさか、夏になると、涼しげな水辺で見かける、かぼそくてひ弱そうなイトトンボの仲間が、その姿のままで越冬しているとは知りませんでした。

そんなトンボたちのことを紹介します。

成虫の姿で越冬するトンボ

私の中では、トンボは水生昆虫の幼虫時代(ヤゴ)に池や沼で越冬するのが常識でした。それが、トンボの姿をしたままで厳寒の冬を越すものがいると知り、驚きました。

調べたところ、日本にいるのは、「オツネントンボ」、「ホソミオツネントンボ」、「ホソミイトトンボ」の3種でした。

オツネンとは、「越冬」のことでした。「オツネントンボ」を漢字で記載すると「越冬蜻蛉」と書きます。ちょっと変わった名前と思いましたが、納得です。

オツネントンボ

「オツネントンボ」は、アオイトトンボ科の褐色の細いトンボで、体長は40mm弱と普通です。(地味なカゲロウのような体色をしていますが、成長した個体は目が青色になります)

春から初夏ごろに水辺にある植物の茎や葉に産卵します。
卵は、1~2週間で羽化
幼虫のヤゴは、2~3ヶ月で成虫になります(7~9月ごろ)。
成虫になると、山林の木皮がめくれたところや、建物の隙間に入って越冬します。

生存域は北海道から九州までの池や沼周辺で見られます。成虫の状態で越冬しますが、寿命などは詳しく判っていないようです。

ホソミオツネントンボ

「ホソミオツネントンボ」は、オツネントンボと同じようなサイズですが、少しほっそりしていて、成長したものは、ところどころに節のある青色をした、とても綺麗なトンボです。

尚、秋を超す頃になると、体色は褐色になります(恐らく、周囲の色に合わせて目立たないようにしているのだと思います)

生存域は、「オツネントンボ」と同様に、北海道から九州までの池や沼周辺で見られます。このトンボの寿命なども詳しく判っていないようです。

ホソミイトトンボ

「ホソミイトトンボ」は、普通のイトトンボよりも細長い尻尾(腹部)が特徴です。大きさは3㎝から4㎝弱と小さめですが、体色は緑色がかった青色をしていて、まるで宝石のようです。

生態は変わっていて、秋に羽化して、越冬。そして、その翌年の春に産卵するものと、
初夏に羽化して、その秋には死んでしまうものがいるようです。しかも、秋になると両者の個体が混在するため、観察者泣かせの生態をしています。

生存域は、新潟県や栃木県を北端として、沖縄諸島付近まで見られます。

まとめ

越冬するトンボには驚きましたが、どうやら詳しい生態までは判っていないようです。

子供の頃から、細くて、か弱そうで、ふわふわと飛んでいるイトトンボには興味がありました。そんなイトトンボの仲間が越冬している姿を写真に撮れたら最高ですね。
何だか、元気が出てきました。