昆虫は成長の過程で姿を大きく変えていきます。イモムシから蝶(チョウ)に変わる様子は、まさに変身です。昆虫の変身は、完全変態や不完全変態と言われるもので、成長するたびに変態して姿形が変わっていきます。

チョウ

チョウ

現在は、人間による自然環境の破壊が進んで、昆虫の数も激減していますが、それでも、地球に生息する全脊椎動物と全昆虫の重さを比べると、昆虫の重さの方が多いと言われています。

地球が昆虫の惑星と言われる理由は、こんなにも昆虫が繁栄しているからです。

そして、地球上で最も繁栄している昆虫たちが、成長の度に変身をする理由を調べた結果、昆虫たちは、その時々に応じた最適な姿形を求めたからでした。

以降に、進化のプロセスで勝ち取った昆虫の変身(変態)の理由を整理して紹介します。

完全変態と不完全変態昆虫とは?

昆虫の成長に伴う大変身は、変態によって行われます。そして変態には、完全変態と不完全変態の2通りあります。

完全変態昆虫

卵で産まれた後に、孵化(ふか)して出てくる幼虫は、脱皮を重ねて成長します、やがてじっとして殆ど動かないで蛹(さなぎ)の期間を経て、成虫になります。これは完全変態の昆虫で、幼虫の時と成虫では姿形がまったく異なります。
実は、完全変態昆虫は蛹(さなぎ)の中で成虫になるために体の構造を作り変えているのです。

完全変態は、昆虫の殆どを占めていて、カブトムシ、チョウ、ハチ、アリ、カ、ハエやノミ等が該当しています。

不完全変態昆虫

不完全変態昆虫は、完全変態昆虫のような蛹(さなぎ)の期間はありません。その代わりに、孵化(ふか)した幼虫の時には、既に成虫に近い形で翅(はね)や外部器官が存在します。

そして、幼虫として脱皮するたびに成虫の姿形に近づいていきます。

不完全変態昆虫は原始的な昆虫(カゲロウ、トンボ、カワゲラ、バッタ、ゴキブリ、セミやカメムシ等)が該当します。昆虫の中では少数派になります。

成長の時に変身するのは何故だろう?

ここでは、昆虫の大多数を占める完全変態の例で紹介することにします。
完全変態の場合は大きく分けると、「幼虫」、「蛹(さなぎ)」、「成虫」の3つの期間があります。

幼虫の期間

卵から出てきた幼虫(イモムシやケムシ)は、植物の葉をひたすら食べて成長します。幼虫の時は、次の変身に備えて栄養を蓄える期間です。

つまり、幼虫の体は植物の葉を食べるのに適した姿形なのです。

蛹(さなぎ)の期間

蛹(さなぎ)になると、じっとしていて何もしていませんが、蛹(さなぎ)の中では、幼虫時代に溜め込んだ栄養を使って、懸命に体を改造しています。
蛹(さなぎ)は、外側を丈夫な繭(まゆ)で覆っているため、防寒になって、外敵に見つかりにくく、中にいる昆虫には、体の改造に専念できる最適な場所です。

成虫の期間

成虫になると、チョウのように空を飛べたり、花の蜜を吸ったりできるようになります。
確かに行動範囲は広がりますが、種類によっては、一切餌を食べないで、交尾と産卵だけをして死んでしまう昆虫もいます。
成虫は子孫を残す能力が備わり、行動範囲も広がります。

大きな視点でみると、成虫の姿形は、繁殖を目的とした最終形態と考えても良いと思います。

昆虫の変態は最適な形態を求めた結果だった!

昆虫は、全く姿や形を変えて変身をしながら成長します。
その理由は、「幼虫」、「蛹(さなぎ)」、「成虫」の各々で、その時々の目的を達成するのに適した姿形をしていたと考えると納得できます。

幼虫・・・植物の葉を食べるのに適した形態
蛹(さなぎ)・・・繭(まゆ)で覆われていて、安心して体の改造ができる形態
成虫・・・行動範囲が広がるため、繁殖の最終形態

昆虫の変態は、まるで違う生物のように変身しますが、以上のように、その時々に応じた最も適した体を求めた結果と考えると納得できます。