ハクチョウの若鳥の色

コブハクチョウの写真

コブハクチョウの写真

ハクチョウの若鳥は、灰色をしていると思っていました。河川敷から見たコハクチョウの若鳥は、真っ白な親鳥と違って、灰色をしていたからです。

しかし、ヨーロッパなどにいるコブハクチョウの若鳥は、生まれた時から灰色と白色の子供がいるそうです。その、理由を調べてみました。

コブハクチョウとは?

コブハクチョウは、主にヨーロッパから中央アジアに生息しています。コブハクチョウは日本の各地の沼や池などでもみることができますが、外来種とされています。おそらく、ヨーロッパなどから人が運びこんだのでしょう。

コブハクチョウの平均体重は、12kgもあるため、3,000km〜4,000kmも飛んでくる、オオハクチョウやコハクチョウのように長距離飛行はできないと考えられているからです。

コブハクチョウは、日本だけでなく、北アメリカの東部や南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどにも移入されています。

コブハクチョウは、140㎝程の大きさで、オオハクチョウと似ていますが、くちばしと小さな鳴き声に特徴があります。

コブハクチョウのくちばし

クチバシの色はオレンジ色で、付け根部に黒い突起があります。黒い突起は、コブのように見えます。ただし、コブがあるのは成鳥だけで、若鳥にはありません。

コブハクチョウの鳴き声

オオハクチョウなどは元気よく「コオー、コオー」と鳴きますが、コブハクチョウは、小さな鳴き声で「シュー」、「ブー」などとおとなしい声を出すだけです。英語ではMute Swan(無言の白鳥)と呼びます。

コブハクチョウに白色の若鳥がいる理由

コブハクチョウの若鳥に灰色と白色がいるのは、DNA配列の個体差で決定される遺伝的多型と言われていて、ヨーロッパ西部のヒナは、灰色型が多く、東部では白色が多いと言われています。

実は、コブハクチョウの足の色も、灰色のような暗い色をしたものと、薄いピンク色のような明るい色をした2種類います。

コブハクチョウの足の色

若鳥の羽色(灰色と白色)は、成長すると、どちらも白色になりますが、足の色はヒナの時と変わらないそうです。

そして、「羽色が灰色をしたヒナの足は暗い色」で、「羽色が白色のヒナは、明るい色の足」をしています。足の色は成長しても同じ色のため、成長してもヒナの時代の羽色を特定することができます。

このような、羽色と足の色の決定が両親の遺伝的な要素で決まることは、古典的な遺伝学的研究でも矛盾はないと紹介されています。

どうやら、両親の組み合わせと、生まれてくるヒナのタイプを特定することはできないようです。確率的な関係なのでしょう。

まとめ

コブハクチョウの若鳥の羽色は、灰色だけでなく、白色のものがいました。足の色も2種類あって、DNA配列の個体差で決定される遺伝的多型で説明できることが判っています。

若鳥の羽色が灰色の個体は、足の色も灰色系の暗い色で、羽色が白色の個体は、足の色も明るい色をしています。

若鳥の羽色は成鳥すると白くなりますが、足の色は変わりません。