不死身のようなネムリユスリカの幼虫

アフリカの乾燥地帯に生息するネムリユスリカの幼虫

水を飲む少女

水を飲む少女

アフリカのナイジェリアにある乾燥地帯には、とても過酷な条件でも不死鳥のように生きるネムリユスリカの幼虫が生息しています。

 

ネムリユスリカの幼虫は、記録によると、乾燥状態で眠り続けて、17年後に蘇ったという報告があるからです。

 

このネムリユスリカの幼虫は、考えられないような高温や低温などにも耐えられます。この不思議な生き物のことを調べてみました。

ネムリユスリカとは?

ネムリユスリカという生物は、世界で1,5000種もいると言われているハエ目のユスリカ科の昆虫です。ユスリカの成虫の体長は、7mm程の大きさです。

乾燥状態の幼虫は不死身のような振舞をしますが、一般的には2週間半〜3週間で成虫になって、成虫の寿命は短く、1日から長くても1週間以内には死んでしまいます。

日本で生息するユスリカは、魚釣りの餌に使う幼虫のアカムシや、川周辺で、群れで飛ぶ成虫の「蚊柱」のことですが、ネムリユスリカのような特殊な能力は持っていません。世界中のユスリカの中でもネムリユスリカだけが、不死身のような能力を持っているのだそうです。

ネムリユスリカの特殊な能力

ネムリユスリカは、大きな岩や岩山のある、ナイジェリアの乾燥地帯にすんでいます。その岩のくぼみなどの水たまりに、ボウフラとして生活しているネムリユスリカは、常に乾燥という驚異と戦っています。

生命活動機能を停止する能力

ネムリユスリカは、乾期が近づくと体内にトレハロースを作って溜め込みます。トレハロースは、微生物や動植物などにある天然糖質のことで、たんぱく質の安定化、保湿性能、細胞構造の保存などの機能を持っています。

そのため、トレハロースを体内に大量に作って溜め込んだ、ネムリユスリカの幼虫は、乾燥してミイラのように見えても、細胞は生きていて、雨が降って水を吸い込めば20分程で元の状態に復活することが出来るそうです。

ネムリユスリカの幼虫の特殊な能力は、乾燥に強いだけではなく、高温や低温、アルコール浸漬、さらに耐ガンマ線などにも考えられないような力を持っています。

具体的には、103℃で1分間煮沸、-190℃で77時間凍結、アルコール漬け1週間、人の耐えられるガンマ線量の700倍の照射に対しても、水によって復活してしまう能力を持っています。

まとめ

ネムリユスリカの幼虫は、泥で作ったすみかの中で生命活動を停止させて、乾燥状態で長期間過ごすことのできる特殊な能力を持っています。

 

ネムリユスリカの幼虫が、このように特殊な能力を持っているのは、「たんぱく質の安定化」、「保湿性能」、「細胞構造の保存」などの機能のあるトレハロースを体内に大量に作っているからです。

また、ネムリユスリカの幼虫は、乾燥に強いだけではなく、高温や低温、アルコール浸漬、さらに耐ガンマ線などに対しても強く、水分を注入することで、20分程度で完全復活することができるため、まるで不死身のような生物です。