真冬でも咲いているタンポポ

タンポポの花

タンポポの花

真冬になると散歩するのは辛いですが、道端にタンポポの鮮やかな黄色の花が咲いているとほっとして、元気づけられます。

 

家に帰ってタンポポを調べると、いつも2倍体とか、倍数体というような判りにくい言葉が出て来てとん挫。これはいつものパターンですが、もうひと踏ん張りして、2倍体や倍数体などの言葉の意味を確認してみました。

 

2倍体って何のことなの?

多くの動物は、細胞の中に2組の染色体をもっています。染色体は、細胞の核内にあって、たんぱく質にDNA(デオキシリボ核酸)が巻き付いたものです。

この染色体1組のことをゲノムと呼びます。

人の場合は、細胞の中に2組のゲノムを含むため「2倍体」です。そして、染色体が3組あれば、3倍体、もし4組あれば、4倍体、と呼ぶことになっていました。そして3倍体以上のものを「倍数体」と言います。

 ただし、タンポポには、多くの倍数体があって、世界では2〜12倍体、日本では2〜8倍体のタンポポが確認されているそうです。

倍数体が違うと何に影響するの?

2倍体と3倍体の生物では、子孫を残す方法が違います。

2倍体の場合

普通の動物は、オスとメスがいて、それぞれ精子や卵子という配偶子(はいぐうし)を作ります。配偶子(精子・卵子)は、それぞれ1倍体で、2倍体の親から1倍体の配偶子が作られて、1倍体同士が接合して2倍体の受精卵が誕生します。

2倍体から1倍体のように、数を減らすことを「減数分裂」と呼び、受精による生殖で受精卵を作る方法を「有性生殖」と呼んでいます。

2倍体のタンポポの配偶子は、1倍体の卵細胞(めしべ)と1倍体の精細胞(花粉)が有性生殖によって結合して実を付けます。

カントウタンポポは、2倍体です。しかも他個体の花粉でなければ実をつけないため、一つだけでポツンと咲くのは不利です。そのため群になって咲くのでしょう。

倍数体の場合

3倍体以上の倍数体タンポポは、無融合生殖(むゆうごうせいしょく)のため、受粉しないで種子を付けることが出来ます。そのため、親のタンポポと遺伝子は同一(クローン)です。

セイヨウタンポポは、3倍体のため、単独で子孫を残せます。そのため、あっという間に仲間のタンポポを増殖できたのでしょう。

まとめ

植物などの本をみると、2倍体とか3倍体、倍数体という用語で説明した内容がでてきますが、ちょっと難しいのでパスしていました。今回、これらの意味をタンポポの事例で紹介している本と出会い、判りやすく理解することができました。

これでセイヨウタンポポが急増した理由が良くわかりました。

ただし、2倍体のカントウタンポポやカンサイタンポポが、生殖の仕方が異なる3倍体のセイヨウタンポポと交雑して新たな倍数体の雑種タンポポが生まれることも知りました。

子孫を残すためのタンポポの強さには驚かされます。

セイヨウタンポポは外来種問題で騒がれていますが、2倍体と3倍体のタンポポが交雑して生まれる雑種タンポポの出現は、倍数体の研究に注目されているそうです。