地球上で最大の生命体は樹木です。樹木の中でも樹高の高さが80メートルを超えるような巨大な樹は、北米カリフォルニア州のシエラネバダ山脈などに自生するジャイアント・セコイアという針葉樹です。巨大な体をどのようにして支えているのでしょうか? その理由を調べて紹介しています。

地球上で最大の生命体

巨木の写真

巨木の写真

巨木は、地球上で最大の生命体と言われています。

巨木の中でも、北米カリフォルニア州のシエラネバダ山脈などのジャイアント・セコイアは、樹高80メートル以上にもなるヒノキ科(またはスギ科)の巨木ですが、考えてみると、これ程の巨体をどうやって支えているのでしょうか?

ジャイアント・セコイアとは?

ジャイアント・セコイアは、ヒノキ科(またはスギ科)セコイアデンドロン属の巨木です。

北米カリフォルニア州のシエラネバダ山脈に自生していて、樹齢は定かではありませんが、1,000年以上と言われ、現地では、「ジャイアント・セコイア」と呼んでいます。

実は、数10メートルを超えるような巨木は、日本にもあります。そんな巨大な樹木を支える構造はどうなっているのでしょうか?

巨大な樹木を支える構造

樹木が巨大に生長するためには、強固な構造と、真っすぐに上に伸びていくことが求められます。もしも途中で曲がると、姿勢を保つためなどに余計な力が働いて、上に向かって伸びることを阻害されてしまうからです。

 

針葉樹のジャイアント・セコイアの樹体を支える構造は、幹の中にある仮道管(かどうかん)です。そして、真っすぐ成長しているかどうかは、自分で常に感じ取っていて、何らかの原因で曲がった場合は、「あて材」と呼ばれる組織を幹に付け足すことで修正していることが判っています。

仮道管の役目

仮道管は、根から吸い上げた水分を樹のすみずみまで運ぶ役目をしますが、同時に樹木の強度を保つ重要な働きをしています。

 

仮道管は、炭水化物のセルロース(繊維素)で作られていて、細いパイプが束になったような、ハニカム(ハチの巣)構造で造られています。

 

ハニカム構造は、正六角形や正六角柱を隙間なく並べた構造をしていていますが、六角形を並べた蜂の巣の強度は強いことで知られていて、人が作る建築物にも使われています。

 

樹木の仮道管は、ハニカム構造をしているため高強度を生み出していたのです。さらに、仮道管を形成するパイプの素材は、リグニンという丈夫な物質で覆(おお)われているため、耐衝撃性や圧縮性にも強いものでした。

リグニンとは?

リグニンは、植物内のセルロースなどと結合している高分子化合物のことで、細胞の接着や強固化などの働きをしています。

まとめ

地球上で最大の生命体と言われているのは樹木です。この樹木の中でも、最大級と言われているのは、セコイアデンドロン属の「ジャイアント・セコイア」という針葉樹です。

針葉樹は、横に枝を広げる広葉樹に比べて樹高を伸ばす方向に生長するのでしょう。

樹高を伸ばすには、強固な構造が求められますが、高強度のハニカム構造の仮道管と、仮道管を形成するパイプ素材を丈夫な物質で覆(おお)って、耐衝撃性や圧縮性を確保していました。