飛行機
飛行機

キョクアジサシは、南極から北極に渡って夏を過ごした後で南極に戻ります。英国の小型発信機による調査で、年間の飛行距離は、地球1周分の2倍も飛んでいることが判りました。キョクアジサシは、何故、そんな距離を飛行するのでしょうか? 内容をまとめて紹介しています。

長距離飛行のチャンピオン

キョクアジサシは、渡り鳥の中でも最も長い距離を飛ぶ鳥と言われています。それは、南極の夏が終わる頃になると、子育てと越冬のために北極に渡るからです。

 

キョクアジサシは、南極から北極に渡って夏を過ごした後で南極に戻ります。その飛行距離は、地球1周分の約4万キロメートルと考えられていました。

 

ところが、科学者たちの調査で、往復9万キロメートルを超える個体もいることが判ってきました。

キョクアジサシとはどんな鳥なの?

キョクアジサシは、チドリ目、カモメ科、アジサシ属で体長36㎝、体重100g程の小さな鳥です。

 

ハトと同じぐらいの大きさです。キョクアジサシは、白い体と、長くてV字に開いた尾羽、ドーム型の頭、短い足が特徴ですが、どこにでもいるような普通のアジサシに見えます。

キョクアジサシの飛行距離測定方法と飛行距離

キョクアジサシは、体重100g程の小さな鳥のため、大きな発信機を付けて調査することは出来ませんでした。ただし、南極から北極に渡るため、往復すると地球1周分の4万キロメートル程度の飛行をすると考えられてきました。

 

ところが、英国南極観測局が、1.4gの軽い追跡装置を開発して、キョクアジサシの足に取り付けて調査した結果、往復で9万キロメートルを超える個体も確認され、推定した4万キロメートルの倍の距離を飛ぶことが判りました。

 

最短距離を飛行しない理由

調査結果では、キョクアジサシは、さまざまな蛇行ルートを飛んで目的地に向かっていました。

 

では何故、最短距離を飛ばないのでしょう。

 

研究チームのエーバング氏によると、キョクアジサシは、地球の大きな風を利用して風の流れに乗って飛んでいました。

北極から南極方向に吹く風

南極に向かって吹いている大きな風の流れは、「西アフリカ沿岸に沿って南下するルート」と「大西洋を渡ってブラジル沿岸を南下するルート」があります。

 

この大きな風に乗って飛行すると飛行距離は長くなりますが、エネルギー節約の面では効率的なのでしょう。

 

同様に南極から北極に向かう場合は、その方向に沿って吹く風を見つけて、風に乗って飛行しています。

まとめ

キョクアジサシという渡り鳥は、南極の夏が終わる頃、子育てと越冬のために北極に渡るため、最も長い距離を飛ぶ鳥と言われています。

キョクアジサシは、100g程の小さな鳥ですが、南極と北極間を渡ります。そのため、1年間の飛行距離は、地球1周分の4万キロメートルぐらいだろうと推定していました。

ところが、英国南極観測局が開発した軽量(1.4g)の追跡装置によって、飛行ルートと年間の飛行距離が明らかになりました。

その結果、年間の飛行距離は、推定した4万キロメートルの倍の距離を飛んでいることが判りました。

飛行距離が長い理由は、風の流れに乗って飛ぶことでエネルギー消費を少なくしていたからです。距離は長くなりますがキョクアジサシにとっては最良の飛び方なのでしょう。

ちなみに、キョクアジサシの寿命は30年のため、年間に8万キロメートル飛ぶと、死ぬまでに240万キロメートルも飛んでいることになります。