1996年に線路上に石を置く事件が頻発してJR東日本を必死にさせた犯人は、食べ物を貯食するハシボソガラスでした。この習性を持つ鳥は、カラス科、ゴジュウカラ科、シジュウカラ科、キツツキ科の鳥の仲間などです。優れた記憶力と、未来計画的な戦略を持っているのでしょう。

ハシボソガラスの置き石で鉄道会社は大混乱

線路

線路

1996年に線路上に石を置く事件が繰返し発生しました。線路上に置かれた石は、大きな事故を招く要因になる危険な因子のため、JR東日本は犯人探しに必死で取り組みました。

犯人捜しは手間取りましたが、とうとう見つけることができました。ただし、この犯人は人ではなく、ハシボソガラスだったのです。

ハシボソガラスが置き石をした理由

ハシボソガラスは、余分な食べ物を貯蔵する習性があって、食べ物を貯食するために枕木(まくらぎ)の下を選んだようです。

ただし、食べ物を隠しても、後で戻った時に目印がないと困りますよね。ハシボソガラスが線路上に置いた石は、目印のために置いたものだったのでしょう。

或いは、食べ物を線路下に貯蔵するためのスペースを作るのに取り除いた石だったのかもしれませんが、私は目印の役目をしたと思っています。

ハシボソガラスのすごい貯食方法

ハシボソガラスは、余分な食べ物を貯蔵して、後で食べにくる知恵がありますが、それだけではなくて、貯蔵した食べ物の傷みやすさも理解した上で行動しています。

食べ物ごとの消費期限をおぼえていて、傷みやすいものを先に取り出して食べるそうです。

人間は冷蔵庫という素晴らしい装置を作りましたが、冷蔵庫の中で食材を腐らせてしまうことは珍しくありません。ハシボソガラスの記憶力のすごさには敬服してしまいます。

実は、カケスの仲間は、さらに優れた行動をしていることを知りました。

カケスの記憶力は桁外れ

野山に棲んでいるカケスは雪に覆われた冬山で生活しなければなりません。冬山では、食料は無くなるため、秋の間に、冬に備えて食料のドングリを集めます。

カケスが集めたドングリは、最大4,000ヶ所の場所に貯蔵して、正確に場所を記憶していると言われています。

冬になって雪景色になって風景は一変しますが、カケスは、大きな樹木や石の位置を目印にして、ドングリを貯蔵した場所を憶えています。

貯食習性を持っている鳥たち

貯食という習性を持っている鳥は、「カラス類」、「ホシガラス類」、「カケス類」のようなカラス科の鳥や、ゴジュウカラ科やシジュウカラ科、キツツキ科の鳥の仲間などです。

まとめ

JR東日本に線路上の置き石犯を本気で探させた、ハシボソガラスですが、カラス類は、屋根の隙間、パイプの穴、落葉の下などに食べ物を隠す習性を持っています。

特に、仲間のカラスに見つからないように、隠した食べ物の上に枯れ葉を載せるなどもするようです。もしも仲間のカラスに目撃された時は、あとから隠し直すこともするそうです。

これらの行動は、優れた記憶力があるためですが、余分な食べ物を貯蔵するという行為は、将来への備えです。

食べ物が少なくなる冬場をのり超えるための貯食行動は、優れた記憶力と共に、未来を考えた計画的な戦略を持っているからでしょう。

鳥たちの優れた能力には驚かされます。