野外観察を通じて、くつろぎとやすらぎを提供する自然観察のサイト
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 月別アーカイブ: 2019年4月

月別アーカイブ: 2019年4月

ゴキブリを1匹見たら100匹いるって本当なの?

ゴキブリは、3億年以上も地球に生息し続けている強者です。殺虫剤の毒性を克服する耐性を持ち、糞の中のフェロモンで仲間を集め、大家族で暮らしています。ゴキブリを減少するには、キッチン周りの水分と、糞の除去は、必須の対策になる …

キッチンの写真

アリは昆虫の成功者

アリは、地球上で繁栄を極めた昆虫たちの中でも、特に成功したと言われています。その理由は、単純に「分業化が進んだ社会生活」ということだけではなくて、アリ科の中に見られる「多様性」です。また、「共生」生活をするしたたかさには …

アリとアブラムシ

アリの武器

同種のアリでも巣穴が違うと敵とみなす蟻の社会では、アリ同士での争いも多くリスクも伴います。一般的なアリの武器は、口で「噛みつく」や、有刺アリの「刺す」攻撃があります。これらは、相手と取っ組み合いをするため、自分も傷ついて …

アリ

「しだれ桜」は何故垂れ下がるの?

多くの枝は、上方向に伸びます。理由は、枝の断面の年輪が同心円状ではなくて、枝の上側を広く発達させて引き上げる「被子植物」と、下側で支える「裸子植物」の構造のためです。「しだれ桜」は、枝の年輪が同心円状のため、上方向に伸ば …

しだれ桜

ミツバチほど話題にならない赤トンボの減少問題

ミツバチの大量死と同様に数を減らした赤トンボは問題化しませんでした。理由は、人の経済活動に影響するかどうかでした。ミツバチの減少は経済活動に影響したのです。ただし、赤トンボなどの昆虫の減少は地球環境の変化の前兆かもしれま …

アカトンボ

植物の光合成には二酸化炭素が足りないの?

現在、光合成は植物しかできませんが、二酸化炭素が足りなくて、植物でも光合成を最大限に活用できていないことを知りました。自然界は微妙なバランスで成り立っていますが、まだまだ使っていない自然エネルギーのことを知り、人の知恵と …

日射しと葉っぱ

花瓶の挿し花を長持ちさせる方法

植物が水分を吸い上げる機構は、「毛細管現象」と、葉が水分を蒸発させる時に水分を引き上げる「蒸散力」の2つの力を使っています。このような水分の引き上げ方から花瓶の挿し花を長持ちさせる方法をわかり易く紹介しています。 植物の …

挿し花

鳥の声が美しい理由

人は、ウグイスなどの鳥の「さえずり」を美しいと思います。鳥の「さえずり」は人の為に行っているわけではないのに、何故、人は鳥の「さえずり」を堪能できるのでしょうか? この疑問を鳥が使っている周波数帯域と人の可聴域帯の関係か …

インコの写真
PAGETOP
Copyright © 白鳥と昆虫と花等の自然観察のサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.