人は、ウグイスなどの鳥の「さえずり」を美しいと思います。鳥の「さえずり」は人の為に行っているわけではないのに、何故、人は鳥の「さえずり」を堪能できるのでしょうか? この疑問を鳥が使っている周波数帯域と人の可聴域帯の関係から解き明かします。

鳥の鳴き方の種類

インコの写真

インコの写真

冬の終わりから春先になると、ウグイスの鳴き方を練習している声が聞こえてきます。最初の頃は、「ケキョケキョ」というような声ですが、練習を積むと、美しい声で「ホー、ホケキョ」と鳴くようになります。

「ホー、ホケキョ」という鳴き方は「さえずり」というもので、人の耳も楽しませてくれます。

鳥の専門書によると、「さえずり」と「地鳴き」の2つの鳴き方があります。

「さえずり」と「地鳴き」

次に簡単に「さえずり」と「地鳴き」の違いを紹介します。

さえずり

「さえずり」は、鳥が生まれてから練習して獲得したもので、奥さんを得るため、或いは、縄張りを保つために、一定の時期までにベテランの「さえずり」を聞いて覚えることと、練習を積んで自分のものにする必要があります。

「さえずり」は、鳥の意志で発声するもので、複数の音節で作られるため、人には美しい音楽のように聴こえます。

地鳴き

「地鳴き」は、仲間に危険を知らせることや、ヒナが親鳥にエサをねだる時に鳴く時の声のことです。遺伝子で脳に刻まれているもので、生まれた時から備わっています。

「地鳴き」は、生命に関わるような時に無意識に発せられるもので、同種の鳥は生まれた時から意味を理解しています。多くの場合、短音節のため美しい響きではありません。

「さえずり」が人に心地よい理由

耳で聞き取れる周波数の領域は生きもの種類によって違いますが、人と、鳥の可聴域帯は似ていました。

人の可聴域帯

人間の場合は、20〜20,000ヘルツの周波数の範囲を聞き取れると言われています。(ただし、年齢を経るに従って高温域は聞き取りにくくなります)

鳥の可聴域帯

一般的な鳥の可聴域帯は、100〜10,000ヘルツで、人よりも狭い周波数域でした。

(ただし、ハトやニワトリの耳は、1〜20ヘルツの領域の音も聞こえるようです)

一般的な鳥の可聴域帯が、人間よりも狭い周波数の範囲しか聞き取れないというのは驚きですが、鳥の発声器官の構造では低温域を出せないことも影響しているのでしょう。

なお、ウグイスの「ホー、ホケキョ」の「ホー」やフクロウの「ホー」の音域は、およそ1,000ヘルツで、美しい声で「さえずり」をする音域は、2,000〜6,000ヘルツぐらいです。

人が聞き取りやすい音域は、1,000〜5,000ヘルツのため、鳥と人は同じ周波数帯を使っていることが判ります。

まとめ

ウグイスは、寒くなって繁殖期が過ぎると、喉の筋肉が上手く働かなくなってしまうため、「さえずり」が出来なくなります。

 

冬には、生きて行くのに必要な「地鳴き」という「チャ、チャ、チャ」のような声だけしか出すことができませんが、冬が終わる頃には喉の筋肉が少しずつ働くようになります。そのため、春先になると「さえずり」をするようになるのでしょう。

 

鳥の「さえずり」は、美しい声として聴くことができますが、その理由は、人が聞き取りやすい音域と鳥の「さえずり」が、ほぼ同じ周波数帯だったからでしょう。

 

鳥と、人の使っている周波数帯が同じということは、人と鳥とのコミュニケーションは考えている以上に可能かもしれません。鳥と人とは脳の構造も違いますが、感情もあることでしょう。鳥の気持ちが判るようになったら人の考え方や生き方も変わってくるかもしれませんね。