花瓶の挿し花を長持ちさせる方法

植物が水分を吸い上げる機構は、「毛細管現象」と、葉が水分を蒸発させる時に水分を引き上げる「蒸散力」の2つの力を使っています。このような水分の引き上げ方から花瓶の挿し花を長持ちさせる方法をわかり易く紹介しています。

植物の水分の引き上げ方

挿し花

挿し花

植物は、根の細胞から取り込んで、地中にある水分を地上の茎や葉に送っています。この仕組みはどのようになっているのでしょうか?

地中の水分を地上部に送る機構

植物の根の細胞は、地中にある水分を取り込みます。根の中心柱内には、上に伸びる道管があります。道管は、植物の細胞が死んだもので、中身は中空で細い毛細管の役目をしています。

毛細管現象

細い管の一端を液体に浸すと、重力に逆らって液体が管の内部に浸透していって、管内の液体が元の液体の水平面より高くなる(或いは低くなる)ことがあります。この現象を毛細管現象と呼んでいます。もう少し詳しく説明すると次のようになります。

毛細管現象は「液体の表面張力」、「固体と液体の濡れやすさ」、「毛細管の直径」の3つに働く力が関係しています。

水は、水どうしの間で凝集力(分子間力)があってお互いに引き合っていますが、水面の水の分子は空気に接しているため、水中に引っ張られて表面が丸くなります。このとき、水面に働いている力が表面張力です。

細い管を水につけると、水どうしに働く凝集力よりも管壁と水の分子との間に働く力(個体と液体の濡れやすさ)の方が大きいため、水は管の壁に引き寄せられて上がっていきます。そして、引き寄せられる力と元の水面から上昇した水の重さがつり合う位置で止まります。

この時、管が細いほど上昇した水の重さは軽くなるので、水はより高い位置まで移動していくことができます。つまり、毛細管の直径が小さいほど高いところに引き上げることができます。

《実際の植物の水分吸い上げ方法》

最初に、根はエネルギーを使って地中の水分を道管に送りだします。道管に送られた水分は、水柱になって毛細管現象で、幹や葉の方向に引き上げられます。

道管の直径は非常に細いのですが、毛細現象の力だけでは、安定して水分を引き上げるには力不足です。

植物は、葉の表面にある気孔から水分を蒸発しています。葉からの水分の蒸発は、葉の温度の適正化と同時に、根からの水分を引き上げる力(蒸散力)になります。

このように植物は、蒸散力と毛細管現象による吸い上げ力で水柱を引き上げています。

植物を花瓶に挿す時のポイント

切り花などを花瓶に挿す時には根はありませんが、茎には道管があります。そのため、切り花も毛細管現象や蒸散力で花瓶内の水を吸い上げることができます。

植物の道管内は、蒸散力で上に吸い上げられて「陰圧」になっていますが、花瓶に挿すために茎部分を切り離すと、空気が入ってしまいます。

空気が入ると水を引き上げる力は低下してしまいます。そのため、植物を花瓶に挿す時は、水中で茎を切り離すことが推奨されています。

水中で茎を切り離すことで、茎内の水柱が途切れなくなって、水分を吸い上げる力が継続され、花瓶の花を長く咲かせることができるからです。

まとめ

切り花などを花瓶に挿す時には根はありませんが、茎には道管があります。そのため、切り花も毛細管現象や蒸散力で花瓶内の水を吸い上げることができます。

植物の道管内は、蒸散力で上に吸い上げられて「陰圧」になっていますが、花瓶に挿すために茎部分を切り離すと、空気が入ってしまいます。

空気が入ると水を引き上げる力は低下してしまいます。そのため、植物を花瓶に挿す時は、水中で茎を切り離すことが推奨されています。

水中で茎を切り離すことで、茎内の水柱が途切れなくなって、水分を吸い上げる力が継続され、花瓶の花を長く咲かせることができるからです。

<h2>まとめ</h2>

植物が地中の水分を枝や葉に押し上げるには、「液体の表面張力」、「固体と液体の濡れやすさ」、「毛細管の直径」の3つの力が働く毛細管現象と、葉から水分を蒸発させて水分を引き上げる蒸散力を使っていることが判りました。

花瓶に挿す花を長持ちさせるには、花瓶内の水を吸い上げて花に供給することが前提です。そのため、花瓶に挿した植物の道管内に空気を入れない工夫が必要です。

道管内に空気を入れにくくするには。挿し花は、水中で茎を切れば良いことになります。