多くの枝は、上方向に伸びます。理由は、枝の断面の年輪が同心円状ではなくて、枝の上側を広く発達させて引き上げる「被子植物」と、下側で支える「裸子植物」の構造のためです。「しだれ桜」は、枝の年輪が同心円状のため、上方向に伸ばせなかったのでしょう。

ゴージャスに咲き誇るしだれ桜

しだれ桜

しだれ桜

近くで見るソメイヨシノの花に近寄ってみると、清楚(せいそ)ですっきりしていますが、満開のソメイヨシノを離れた場所から見ると、晴れやかで、その空間の空気や雰囲気を変えてしまう程です。

 

東京で作られたソメイヨシノが、瞬く間に全国に広がったのは、誰もがその美しさに魅了され、周りの雰囲気を一変させてしまうほどの力に圧倒されるからでしょう。

 

桜の木は、100種類以上あると言われていて、ソメイヨシノ以外の桜の花にも素晴らしい特徴があります。特に「しだれ桜」は、枝が上に向かって伸びるソメイヨシノとは違って、頭の上から垂れ下がるように咲き誇り、まるで花びらの滝のようにゴージャスで華やかです。

 

「しだれ桜」は枝が曲がっているため、垂れ下がるように咲きます。では、「しだれ桜」の枝の構造はどうなっているのでしょうか?

「しだれ桜」の枝の構造

通常の樹木の枝の断面は、年輪が同心円状に並んでいます。ところが、一般的な被子植物(桜の木など)の年輪は、枝の上側で広く、下側で狭くなっています。

 

枝の上側で広くなっている年輪構造は、枝の上側で発達して枝を上に引き上げることから「引っ張りあて材」と呼ばれます。

 

「しだれ桜」も、被子植物ですが年輪構造は、ほぼ同心円状になっていて、通常の桜の木のような「引っ張りあて材」がありません。そのため、枝が垂れ下がってしまうのでしょう。

 

ちなみに、樹木の生長に影響する植物ホルモン(ジベレリン)を「しだれ桜」の枝の先端の芽に与えると「引っ張りあて材」が作られて、枝は垂れ下がらなくなります。

被子植物と裸子植物の枝の支え方

花を咲かせてタネで子孫を増やす植物は、後にタネに変化する胚珠(はいしゅ)を子房でおおっている「被子植物(ひししょくぶつ)」と、胚珠をむき出しにしている「裸子植物(らししょくぶつ)」に分かれています。

 

「被子植物」は、「引っ張りあて材」で枝を上に引き上げていますが、「裸子植物」は被子植物とは逆に、枝の下側の年輪の幅を広くして、枝の下から支える働きをしています。枝の下側の年輪幅が広い部分は、「圧縮あて材」とよばれています。

 

被子植物と裸子植物の仲間

地上の植物の90%を占めると言われている「被子植物」は、サクラ、タンポポ、アブラナ、ツユクサなどです。

 

地上の植物の10%程度と少ない裸子植物は、マツ、スギ、ソテツ、イチョウなどの仲間になります。

まとめ

サクラの木などが分類される「被子植物」の枝の年輪は、枝の上側が広く、下側が狭くなっています。枝の上側で広い年輪構造は、広い部分で大きく発達して、枝を引き上げようとするため、「引っ張りあて材」と呼ばれています。

 

「裸子植物」は被子植物とは逆に、枝の下側の年輪の幅を広くして、枝の下から支えるため、「圧縮あて材」と呼ばれています。

 

「引っ張りあて材」や「圧縮あて材」の効果で、大部分の樹木の枝は、上方向に伸びますが「しだれ桜」の仲間の枝の年輪構造は、同心円状で「引っ張りあて材」や「圧縮あて材」がありません。そのため、「しだれ桜」の枝は、重力に引っ張られて垂れ下がっているのでしょう。