同種のアリでも巣穴が違うと敵とみなす蟻の社会では、アリ同士での争いも多くリスクも伴います。一般的なアリの武器は、口で「噛みつく」や、有刺アリの「刺す」攻撃があります。これらは、相手と取っ組み合いをするため、自分も傷ついてしまうリスクが伴います。

進化によって敵に接しないで攻撃する手法も生まれました。

アリと蟻酸

アリ

アリ

アリは、ハチの仲間から進化したもので、ハチの翅(はね)を失くして、地面や樹木の穴などを生活空間に選んだ進化形態と考えて良いそうです。

確かに、ハチとアリの体は似ています。翅をつけたアリはハチのようにも見えます。そのため、アリの仲間にも、ハチのように針を持っているものもいます。

アリと言うと蟻酸(ぎさん)を思い浮かべますが、調べてみると蟻酸を出すのは比較的進化を遂げたヤマアリの仲間だけでした。

蟻酸は武器なの?

アリの蟻酸は、強い匂いのため道標としても使われていますが、ハチが持っている針と同様に強力な武器としても活用されています。

一般的なアリの武器は、サムライアリに代表されるような「鎌のような形状の口」による「噛みつき」です。口による噛みつきは、相手と組みあうため、自分が怪我をするリスクがつきまといます。

これに対して、スプレーのように噴出することで相手を撃退することのできる蟻酸攻撃は、離れた位置から対応できる高度な武器です。

蟻酸によるダメージ

蟻酸は、酸性度の高い液体のため、蟻酸を腹部に掛けられた相手(アリや昆虫)は、呼吸器の気門から酸を吸い込んでしまい、体内は焼けて死んでしまうでしょう。

 

人間の目に蟻酸をかけると失明することもあるようです。

 

アリを手でつかまえると独特の蟻酸の匂いがしますが、小さな虫たちにとっては、蟻酸は恐ろしい武器だったのです。

おもしろい武器

アリの武器は、鎌のような口による「噛みつき」や、ハチのような針で攻撃するものが知られていますが、蟻酸による酸攻撃は、敵と離れたところから攻撃できる有効な武器です。蟻酸と同様に敵と距離を置いて攻撃する変わった方法を用いるクビレアリ属の仲間もいます。

ミツツボアリと同じ場所で生活して競合関係にあるクビレアリ属の仲間は、ミツツボアリの巣の入口から小石を放り込んで、ミツツボアリが餌をとりに行けなくなるようにしています。

このような「投石攻撃」は、北米に生息しているアミナガアリ属の仲間も行うことが知られています。(アミナガアリの仲間は、シュウカクアリ属の巣の入口を埋めて餌とりに出かけられないようにしています)

まとめ

アリの武器は、鎌のような口で攻撃するのが一般的で、ヒアリやアルゼンチンアリのように針で刺す攻撃も有名ですが、蟻酸も強力な武器でした。

 

排他性(はいたせい)の強いアリ社会では同種のアリでも巣穴が違うと、敵という認識で攻撃し合います。

 

そんな社会で、噛みつき攻撃や針で刺す時の取っ組み合いは、敵から攻撃されてしまうリスクも伴います。

 

離れた場所からスプレー攻撃できる蟻酸攻撃や、巣穴を小石で塞ぐ攻撃は、自分が攻撃されにくい戦法です。アリの進化の過程で、生み出された有効な攻撃方法なのでしょう。